女性にモテる会話術、色々な会話術

女性にモテる会話術 モテる会話の原則

女性にモテるかどうかを左右するのは、「会話」の上手さ、会話術です。

 

「会話を制する者は女性を制す」

 

です。

 

 

恋愛における会話術は、モテるかどうかを左右する、最も重要な要素です。

 

コミュニケーションのほぼ全てが会話によって行われるのですから、当然ですね。

 

ここでは、女性心理を揺さぶる、女心をつかむ女性にモテる会話術について話をしていきます。

 

モテる男の会話に共通の事項を恋愛心理学を通して、詳しく解説していきます。

 

 

まず、恋愛で女性にモテる会話術の原則について解説します。

 

女性にモテる会話の基本は、

 

「相手に関係のある話しだけをする」

 

ということです。

 

人それぞれ、食いつきのいい話題は異なりますが、

 

人間、誰もが興味のあることは、「自分自身」

 

です。

 

 

絶対これはウケるだろうという会話ネタなら、話しても良いですが、

 

「女性自身」に関係した話題が話しが盛り上がる「確率」が一番高いです。

 

女性に全く関係ない話題を出して、盛り上がることもあるかも知れませんが、盛り上がらない確率が圧倒的に高いです。

 

あなたの話したいことではなく、女性の話したいことを話させてあげることが大切です。

 

女性自身に関係することは、女性の内部情報と女性の外部情報に分けることができます。

 

女性の内部情報とは「女性の脳内にある情報」で、女性の知識や、思考などで、

 

女性の外部情報とは「女性が今、認識できる事柄」で、女性に現在見えているもの、見えるものなどです。

 

これらを意識して、女性に関係のある話題で話を展開させていくことがモテる会話術の原則です。

 

そして、その中で、できるだけ二人に共通の話題を探していくことが大切です。

 

共通の話題について意見を交わすことで、打ち解けるスピードがアップします。

 

 

女性に関係のない話題、あなた自身のことについて話す場合(作り話の場合でも)は、

 

・女性から訊かれた場合

 

・女性への質問の伏線を張る場合

 

以外は、原則として話さないでください。

 

これらの行動が女性から見られたら、「あなた」に関心を持ち始めている、ということです。

 

女性への質問の伏線の場合とは、女性に関係する話題・女性が興味を持ちそうな話題について、あなたが先に話して、女性に話させやすくするということです。

 

 

例えば、会話で「女性が犬を飼っている」という話が出たら、彼女が犬好きで、犬の話題が盛り上がる可能性が高いので、

 

「犬って動きがかわいくて見てると癒されるよね~。飼ってる犬のこういうところが癒される、ってのある?」

 

のような感じです。

 

伏線を張ることで、会話がスムーズに流れます。

 

あなたを主役にして会話するのではなく、「女性を主役にして話す」、ということです。

 

モテない男は、自分の話したいこと、自分に関係する話、つまり「内輪話」しかしません。

 

自分が知らない内輪話がどれほどつまらないか、あなたも体験したことがあると思います。

 

 

女性にモテる会話術の原則として、相手に関係のある話だけをするというのは本当に大事なので、

 

以下で解説する会話術を利用する際にも、常に意識してください。

 

以下では、

 

 

共感する・理解を示す

 

ほめる

 

からかう

 

の3つの女性にモテる会話術を解説しています。

 

この3つは、女性にモテる会話をするために非常に重要な3つで、

 

会話のテクニックは、無限と言っていいほどありますが、まずは、この3つを使いこなせるようになることが優先です。

 

その後で、その他の細かい会話術のテクニック身に着けていきましょう。


会話術「共感・理解」 その1

女性は相手に話しを聴いてもらって、相手に共感されることを求めています。

 

「女心が分からない」という男性は多くいるでしょうが、その主な原因はこの「共感」というところにあります。

 

男性の会話の目的は「情報交換」ですが、女性の会話の目的は「共感」なのです。

 

この男女の違いにより、男性の目から見るとよく意図が分からない発言や、メールなどが女性からきて、女心が分からない・・・ということになるのです。

 

女性にモテる会話術を習得するためには、この女性の会話目的は基本的には共感である、ということを胸に刻んでおくことが大切です。

 

恋愛心理学的に、女性は自分に共感してくれる相手を望んでいるのです。

 

あなたが女性に共感してあげることで、女性はあなたを「仲間・理解者」と思うようになります。

 

女性は自分が肯定されていると感じると、あなたに好意を抱くようになるのです。

 

 

しかし、ただ共感をしているばかりでは、相手の機嫌をとって、こびを売って仲良くなろうとしていることがバレバレです。

 

そのため、共感の仕方にはコツがあります。

 

それは、小さなことでは共感せず、大きなことでは共感する、というテクニックです。

 

相手の意見に何もかも共感していては、自分の意見の無い男と思われてなめられるか、自分にこびを売ろうとしていると思われてしまいます。

 

これはモテない男がやってしまいがちなミスです。

 

そう思われないために、相手がそれほど自分の意見を持っていないような話題では、自分の意見を積極的に言います。

 

相手が、絶対にこれは譲れない、と思っているような話題に関しては、自分の意見にかかわらず、共感してあげるのです。

 

そうすることで、この人は、私と価値観が合うし、自分の考えもちゃんと持っている人、とプラス評価されるのです。

 

 

 

共感だけでなく、女性心理に「理解を示す」ということも大切です。

 

あなたに異なる意見がある場合は、共感せずに「理解を示す」のが効果的です。

 

嘘をついて、「わかる、わかる」と適当に言うよりは、相手の気持ちや考えを理解しているということを示す方が良いです。

 

相手がそう主張する理由を訊き、「俺はAだと思うけど、~という理由でBと思うんだね」

 

という感じで、女性の心理、女性の意見に理解を示してあげるのです。

 

以上のような共感の仕方・理解の示し方をすれば、自分の意見をしっかりと持ちつつも、共感・理解してくれるレベルの高い男として見られ、評価が高くなります。

 

 

共感する・理解を示す会話術の注意点としては、恋愛の初期の段階では女性に共感する・理解する割合を多めにした方が上手くいくということです。

 

まだそれほど仲のよくない関係の時に自分の意見をガンガン言ってくると、相性が悪い人と女性の心理はとらえるからです。

 

会話術「共感・理解」 その2

恋愛心理学的に、女性への共感や理解が特に効果があるのが、「嫌いなもの」「悩み」についてです。

 

女性は、友人たちとウザイ友達の話とか、しつこく誘ってくるキモイ男の話だとか、嫌いな上司や先輩の話などで毎日のように賑わっています。

 

あなたも目撃したことがあるのではないでしょうか?

 

人間、嫌いなものについて共感してくれる相手には、心理的に親しみを感じやすいです。

 

 

嫌いなものについて理解・共感する時の注意点は、一時的に嫌いになっている人については批判しない、ということです。

 

例えば、普段は仲が良い友人とケンカした時の話を、女性がしてきたとします。

 

その際に、あなたは単に共感してあげるだけにとどめ、あなたが一緒になってその友人を批判してはいけない、ということです。

 

「それはヒドイね、その友達最低だね」などと言うのはダメで、「それはヒドイね」でとどめておく、ということです。

 

本当は好きな人を、良く知らない他人から勝手に批判されるのは大変不愉快なことです。

 

他には、家族などとケンカした場合もこれに当てはまります。

 

共感や理解を示す話術を使う際には、この点は特に気を付けてください。

 

 

 

次に、「悩み」についてです。

 

悩みに共感してあげると、女性はあなたに一気に心を開いてくれます。

 

あなたから自分の悩みについて話し、女性に悩みはないかを振ると、スムーズに悩みを聞き出すことができると思います。

 

悩みを訊くというのは、恋愛心理学としてはかなり有名なので、知っている人も多いでしょう。

 

悩みに共感・理解する際に注意すべきことは、アドバイスは求められない限りしない、ということです。

 

女性に悩みについての解決法などのアドバイスを求められたら、してもいいですが、基本的にしてはいけません。

 

なお、アドバイスを求められてする際も、相手がどのレベルまで要求しているかを正しく読み取って、必要以上にアドバイスし過ぎないようにしてください。

 

女性が求めているのは、女性にモテる会話術の冒頭でも述べたように、自分の悩みに共感してくれることです。

 

「~すれば良いんじゃない?」などとアドバイスしても女性の心理的は動かすことはできません。

 

 

共感する・理解するは、女性相手だけでなく、人間関係一般においても心理学的に有効なテクニックですので、しっかりと理解して実践して下さい。

会話術「ほめる」 その1

ほめられて嫌な気分になる人は少ないでしょう。

 

男女問わず、人間というものは基本的にほめられれば心理的に嬉しいもので、ほめることは重要な会話術です。

 

女性をほめることは、相手を良い気分にさせることができるため、非常に重要です。

 

ここでは、ほめる・優しくするということについての女性にモテる会話術について解説していきます。

 

 

しかし、ほめ方にもコツがあります。ほめるのが効果的だからといって、ひたすらにほめ続けてはダメです。

 

単純に「かわいいね~」などと言ってほめてばかりだと、自分にこびを売って、付き合おうとしているだけだと思われてしまいます。

 

そう思われないために、ほめ方の女性にモテる会話術を紹介しましょう。

 

 

まず、ほめる際には、下心が見えないようにほめることが大事です。

 

いやらしくニヤニヤ笑いながらほめたり、照れながらほめたりすると、気を引こうとしていることばれてしまいます。

 

恥ずかしがらずに、真面目な顔つきでビシッと男らしくほめましょう。

 

これが、基本です。

 

男性でビシッとほめることができる人は(特に日本人では)あまりいないので、これができるだけで女性心理に好印象を与えることができます。

 

「気を引くためにほめたのではなく、本当に関心してほめた」という印象を与えることができるからです。

 

ほめ下手な男性はかなり多いので、ほめ方が上手いと女心は動かされます

 

 

他の男がほめないところをほめるのも大切です。

 

他の男がほめないようなところについては、例えば、外見的にスタイルが良い女性は、「スタイルいいね」、とほめられ慣れているので、そこをほめても効果は薄いです。

 

そのような美人には逆に「気が利くね」などの内面をほめる言葉が、普段言われていないので非常に効果的で、かなり女性心理グッときます。

 

このように、他の男がほめないようなところを女性を観察して見つけだし、ほめることが大切です。

 

 

 

他の男がほめないところをほめるのに関連して、「限定してほめる」ということが効果的です。

 

限定してほめるとは、例えば、

 

 

「目の白目がきれいだね」(部位の限定)

 

「くるぶしがきれいだね」(部位の限定)

 

「笑った時はかわいいね」(状況の限定)

 

「左ななめ30度からみると、めっちゃ美人だよ」(状況の限定)

 

 

などです。

 

このようなほめ方をすると、好意があるのか、ないのかよく分からない感じで、好意を伝えることができます。

 

このような曖昧な好意の表現は、本格的に恋愛関係を進める上での良い布石になります。

 

からかいの要素が生まれて、女性が「何それ~?」

 

という反応になって会話がかなり盛り上がります。

会話術「ほめる」 その2

変わった表現でほめるのも、効果的です。

 

「シャー芯みたいに細くてスタイルいいね」(例え)

 

とか、

 

「想像を絶するほど気が利くね」(形容詞)

 

とかです。

 

これらのほめ方は、ほめる同時に、相手をからかう効果や、ユーモアを与える効果もあるのでお勧めです。

 

上記のような表現は、どの女性に対しても、高確率で笑いを引き出せると思います。

 

他の男がしないような表現でほめる際は、二つのコツがあります。

 

「例え」「形容詞」です。

 

ほめる言葉を、普通ではない「例え」や「形容詞」で修飾することで、女性心理に他の男とは違うと思わせることができます。

 

 

理由を付けて具体的にほめることも、女性をほめる時に有効です。

 

簡単な例を挙げると、

 

1.「目がきれいだね」→「黒目が大きくて、目がきれいだね」

 

2.「スタイルいいよね」→「自己管理がしっかりできるから、スタイルがいいんだよね」

 

のような感じで、そのままほめるのではなく、理由を付けて具体的にほめるのが女性にモテる会話術として有効です。

 

特に、2の例にように、外見を直接ほめるのではく、その外見を保つために努力しているという内面のことに置き換えてほめるのはかなり有効です。

 

これは特に、外見をほめられ慣れている可能性の高い美人に対して有効です。

 

 

女性を「ほめる」際には、以上のポイントを守って、ほめるようにしてください。

 

当たり前ですが、本人が確実に違うと分かるほめ方はしないでください。(肌が汚い女性に、肌きれいだね、太っている女性に、スタイルいいね、など)

 

ただのイヤミになってしまいます。

 

 

 

ほめる際に全体を通しての注意点は、女性がほめられ慣れているかどうかで程度を変える、ということです。

 

つまり、普段からほめられ慣れている女性には、「ほめる」を少なく、

 

逆にほめられ慣れていない女性にはやや多めにするのです。

 

ほめられ慣れていない女性には、ほめることは大きな効果があります。普段ほめられていないので、より嬉しい気持ちになりやすいです。

 

 

逆に、ほめられ慣れている女性をほめすぎると、こびを売ってくる格下の男と見なされていまいます。

 

一般的に、見た目がかわいい女性や、美人である女性は、ほめられ慣れていることが多いです。

 

しかし、そのような女性でも、特殊な環境で育ってきた場合も考えられるので、注意が必要です。

 

 

例えば、小中高とずっと女子校で過ごしてきたとか、長期間、女性だけの職場で過ごしている、などです。

 

このような場合には、男性にほめられ慣れていないので、外見がキレイでも、ほめることが効果的、好感を持たれるという結果につながる場合もあるのです。

 

したがって、見た目で判断するのではなく、実際に会話から、ほめられ慣れているかどうかを判断して、どの程度ほめるかを調節する必要があります。

会話術「からかう」 その1

「からかう」ことは、非常に重要な恋愛心理学のテクニックです。

 

モテる会話術の中でも、「からかう」ことは、特に重要であると言えます。

 

恋愛においては、女性に優しくしたり、ほめたりするだけではダメなのです。

 

優しくしたり、ほめたりすれば相手に良い印象を与えることは誰にでも分かります。

 

どんなに恋愛心理学にうとい男性でも分かることだと思います。

 

しかし、あまりにも女性には優しくするべきだ、という認識が強すぎて、誰もかれも皆、女性に優しくしてしまうのです(特に美人に対して)。

 

すると、女性にとってはどの男も同じに見えてしまうのです。

 

「イイ人なんだけど、付き合うのはちょっと・・・・」と言われてしまう原因は、ここにあるのです。

 

そのため、「ほめる・優しくする」だけでなく、「からかう」が必要になるのです。

 

 

女性を「からかう」ことができるかどうかが、モテる男と、モテない男の一番の違いと言っても過言ではありません。

 

モテる男は、「女性のからかい方」が本当に上手いです。

 

女性経験に乏しい人は、女性から嫌われないようにしよう、嫌われないようにしよう、として、過度に女性のご機嫌取りばかりしてしまいます。

 

その結果、女性心理はあなたを格下の雑魚な男とみなすのです。

 

経験がある方も多いと思いますが、美女に対しては、特に男はそうなってしまいます。

 

しかし、そんなご機嫌取りばかりしていても、女性に魅力を感じさせることはできません。

 

女性のご機嫌取りばかりしていては、女性はいい気分にはなるものの、この男、他とは違う、とは思われません。

 

嫌われはしないものの、好かれもしないのです。

 

女性はからかわれることで、あなたを他の男とは違う格上の男に感じるのです。

 

 

 

ほめる男はいくらでもいますが、からかってくる男はほとんどいません。

 

からかうことは、女性心理には表面上、気に入られようとしているようには思われません。

 

モテる男のマインドのところにも書きましたが、からかうことで他の男と違う、と思わせることができるのです。

 

ほめたり、共感したりするのに加えて、適度に上からの目線でからかうことで、女性心理を揺さぶることができます。

 

ほめたり共感したりしてくれることに対して、女性は自分に気があるのかなと思います。

 

しかし、その上、からかってもくるので、女性はあなたが自分に本当に好意があるかどうかが分からなくなり、

 

相手に惚れていると確信させないことができます。

 

これにより、女性心理にとって、あなたは好意を丸出しにしてくる他の男とは違う、特別な存在になることができるのです。

 

 

からかうことは、特に美人に対して非常に有効です。

 

美人に対しては、ほぼすべての男が下手に出て美人に媚びて気を引こうとします。

 

たいていの男が、美人の意見に反論せず、イエス、イエスとばかり言ってしまうのです。

 

その結果、美人から見ると、ほとんどの男は格下の男に見えてしまいます。

 

そんな中で、あなただけが適度にからかうことで、彼女たちにとって一人だけ、格上の男になることができるのです。

会話術「からかう」 その2

女性をからかう方法は、女性の外見、発言、性格などで、女性自身をからかう以外にも、

 

・女性からの質問に真面目に答えない

 

という方法があります。

 

女性からの質問に毎回、真面目に答えていては、面白くなく、女性の心理は揺さぶられません。

 

適度に、女性からの質問に真面目に答えないことで、からかいましょう。

 

例えば、定番の、「仕事なにしてるんですか?」という質問に対して、

 

に対しては、

 

「してるわけないじゃん、そんなの(笑)」

 

「昨日、リストラされてさ・・・」

 

といった感じでウィットの効いた返しをしてください。

 

このような、ふざけた回答を適度に入れて、女性をからかいましょう。

 

重要なのは、「適度」ということで、あまりにもふざけた回答が多いと、「頭おかしい人」と思われて恋愛対象からはずされてしまいます。

 

真面目に自分の話しに乗ってくれないだろうな、という女性心理になるからです。

 

このように、予想外の発言することで、女性の感情を揺さぶり、面白い男と思わせることができます。

 

ただし、面白い男と言っても、ギャグやダジャレを言うので無くあくまで、知的な笑い、ユーモアを心掛けて、からかってください。

 

ユーモアの出し方については「女性にモテる会話術2」と、ギャグとユーモアで、詳しく解説しています。

 

 

また、このように自分の情報を真面目に答えないからかい方は、「ミステリアスな人」と思わせる効果もあります。

 

これは非常に重要な概念です。

 

多くのモテない男性は、女性の質問に馬鹿正直に答えてしまうので、女性の心理に「もうこの人は理解した」、という意識にさせてしまいます。

 

「もうこの人は理解した」から、「もう会う必要はないな」となってしまうんですね。

 

しかし、真面目に答えないことで「ミステリアスな人」と思わせれば、「もっとこの人を知りたい!」という女性心理になり、

 

興味を持たれ、「また会いたい」、と思われるようになります。

 

 

 

以下、からかう会話術を使用する際の注意点を解説していきます。

 

・信頼関係

 

まず当然のことですが、ある程度、信頼関係を築いてから、女性に対してからかうという行為を行うということです。

 

信頼関係が築かれていない状態でいきなり「からかう」と、ただ単にムカつかれたり、嫌われたりするだけです。

 

ある程度仲の良くなった状態で「からかう」ことによって、良い効果が生じるのです。

 

男友達の場合で考えみて欲しいのですが、仲の良い友達があなたをからかってきたりすると、親しみを感じると思います。

 

しかし、あまり仲のよくない人物が同様のことをやってくると、単にムカつくだけだと思います。

 

ある程度仲良くなるまでは、「共感・理解」「ほめる」をメインにやっていくのがモテる定石です。

 

当たり前のことですが、相手が本当に気にしていることは(女性自信の変えられない部分)、からかわないでください。

 

 

・女性のタイプ

 

からかう際には、信頼関係とともに、女性のタイプを考えてからかうレベルを決定してください。

 

会話術「ほめる」でも「女性がほめられ慣れているかどうかで程度を変える」と書きましたが、これは「からかう」についても同じです。

 

からかわれ慣れていない女性、例えば、男性経験が少ない真面目系、高学歴の女性などをきつめにからかうと、「性格悪い奴」と思われてしまいますし、

 

からかわれ慣れている女性、例えば、男性経験が多く遊んでいるタイプ、ドジっぽい女性などに対して、軽いからかいだと、「つまらない奴」と思われてしまいます。

 

ですので、序盤はジャブとして軽めのからかいを入れて見て、その反応から、からかい具合を調節していくのがベストです。

会話術「からかう」 その3

・場の雰囲気

 

場の空気にも、注意が必要です。

 

真面目な出会いの場なのか、そうでない出会いの場なのか、場の雰囲気をよく考えて、からかいのレベルをコントロールしてください。

 

例えば、騒がしくて、年齢層が低めのクラブイベントで

 

「仕事は何してるんですか?」→「してるわけないじゃん、そんなの(笑)」

 

と答えたら高確率でウケると思いますが、

 

一対一の出会いパーティー、静かな雰囲気の会場で、

 

「仕事は何してるんですか?」→「してるわけないじゃん、そんなの(笑)」

 

と答えたら、高確率で「頭おかしい人」と思われます。

 

引かれてしまい、その時点でコイツないな、となってしまいます。

 

 

・口調に注意

 

からかう際には、軽い口調で冗談っぽく言うのが非常に重要です。

 

普通の口調で真顔で言われたり、本当にがっかりしたという口調でからかうと、ムカつかれるだけですので。

 

冗談を言っている、ということが伝わるように「からかう」ことが大切です。

 

ただし、ある程度打ち解けて、あなたのキャラが伝わった後で、

 

真顔や本当にがっかりした口調でからかうのは、良いアクセントになるので使っても良いですよ。

 

また、あなた自身のキャラを考えて「からかう」ことも大切です。

 

雰囲気が真面目そうな印象・優しそうな印象を与えるのに、きつめにからかうと、「嫌味な性格の悪い奴」と思われてしまいます。

 

そういう人は、軽めのからかいから始めていくか、ファッション・髪型を変えて、そういう印象を薄めてみると良いです。

 

 

 

・からかいっ放しにはしない

 

他の注意点としては、からかいっ放しにはしない、ということがあります。

 

からかうだけでなく、優しい言葉をかけてあげたりして、フォローを入れてあげることが大切です。

 

例えば相手が「最近転んだ」という話しをしたとします。

 

「昨日ね、雨降ってて転んじゃったんだ」

 

「ドジそうだもんね(笑)(軽い感じで)」

 

「ひどーい」

 

「でも、怪我してなくて良かったよ」(真面目な感じで)

 

のような感じです。

 

このように、フォローを入れることで、相手に嫌味に思われずに、感情を揺さぶることができます。

 

 

「昨日ね、雨降ってて転んじゃったんだ」

 

「ドジそうだもんね(笑)(軽いかんじで)」

 

「ひどーい」

 

「いや、見るからに運動神経悪そうじゃん」

 

という感じで、からかいっ放しだとただの嫌な奴になってしまいます。

 

しかし、ほめっぱなし、優しくしっぱなしだと、気を引こうと媚びを売っていると思われるだけです。

 

前者の例のように、「ほめる」+「からかう」をセットで行うことで、下心を悟られず、女性の気を引くことができるのです。

 

「からかう」のは、優位な立場に立つため、非常に重要な会話術ですが、やるべきですが、慣れないうちは、

 

失敗して気まずくなった時のためのフォローを考えておくのが大事です。

 

こうからかった時に、失敗したらどう返そう、というのを考えておくのがいいです。

 

ある程度会話をコンスタントに盛り上げられる力がつくまでは、「ほめる」+「からかう」を常にセットで使うようにすると、安全です。

女性にモテる会話術記事一覧

会話を盛り上げる会話術

女性にモテる会話術の土台となるのが話の聴き方です。会話を盛り上げる会話術のメインは、女性の話しを聴くことです。話の聴き方は、女性心理に非常に大きな影響を与えます。ストレス発散法にはいろいろありますが、女性のストレス発散法のメインは会話です。女性は話しが上手い男性も、もちろん好きですが、女性の心理的に...

≫続きを読む

会話の記憶術

会話内容を記憶するための記憶術について解説します。注意深く話を聴く、集中して話を聴く、とか言ったありふれたノウハウでない方法を解説していきます。会話内容を記憶するのがなぜ重要かと言うと、その場での会話では、少し前の話題を被せたりして(俗にてんどん)話を盛り上げたり、後に会った時に、女性がぽろっと言っ...

≫続きを読む

ギャグとユーモアの違いを理解しよう

笑いについて、解説していきます。基本は、女性にモテる会話術の共感・理解、ほめる、からかうの3つをメインとして女性と会話していきます。それから、さらに上を目指そうと思ったら、「笑い」が必要になってきます。「からかう」ことは、女性を笑わせる効果があるのですが、ある程度共感・理解、ほめる、からかう、を適切...

≫続きを読む

オープン&クローズド

オープンクエスチョンとクローズドクエスチョンについて解説していきます。オープンクエスチョンとクローズドクエスチョンについては、その適切な使い分けができるようにモテる会話術で解説しているのですが、間違った使い方を解説している本が世の中に溢れているので、(主に心理学の偉い人たちによる)適切な使い方を解説...

≫続きを読む

スーパー会話テンプレート(会話教材)評価・レビュー

スーパー会話テンプレートは、女性との会話のネタを、一気に大量に手に入れることができる恋愛教材です。それによって、本来なら色々な場で女性と大量に会話しなければ身につかない会話力を、一気に手に入れることができます。「スーパー会話テンプレート」について解説する前に、まず、会話のネタの重要性を再確認したいと...

≫続きを読む

会話が続かない人の会話術(5W1H1E)

女性との会話が続かないで、話題がない、会話のネタが無い、という人は多いと思います。ですので、ここでは、会話が続かない人が、どのようにすれば会話を続けることができるか?ということに焦点を当てて解説していきます。女性にモテる会話術の冒頭で解説したように、モテる会話術の原則は「相手に関係のある話しかするな...

≫続きを読む

ホテルへ誘う会話術・ホテルへ誘う方法

ホテルへ女性を誘う時の会話術を紹介しましょう。「ホテル行こう」とか、「やりたいんだけど・・・」などと言っても、「うん」という女性はまずいません。そもそも、「ホテル」とか、「休む・休憩」などの単語を出すと、セックスを連想させ、警戒されるので、駄目です。何かホテルに行く理由をつけてホテルに誘いましょう。...

≫続きを読む

NLP・・・無意識の罠

NLPとは、Neuro-Linguistic Programming:、和訳すると神経言語学的プログラミングのことです。心理学をけっこう勉強している人なら、一度は聞いたことがある言葉かと思います。NLPは心理学の一種で、簡単に説明すると、無意識による心理への働きかけをメインとする心理学です。というも...

≫続きを読む

会話のネタについて

今日は、会話のネタについて、話していきます。女性との会話において、重要なのは、以下の3つです。1 会話のネタの質と量2 女性の反応を読み取る力3 女性の会話への反応そして、最初に会話のネタがあることで、女性との会話がスムーズに開始できます。女性との会話の出発点としての会話のネタで有効なのが、・占い・...

≫続きを読む

初対面の女性との会話

女性との初対面の会話術について解説していきます。女性との初対面での会話での話しかけ方や、話す内容について、解説していきます。そこでここでは、初対面の女性と話す時の基盤となる、初対面の時の会話術を紹介します。一般的に、会話では共通事項について話すのが話しやすいです。共通事項には、二人が持っている知識の...

≫続きを読む

会話術~沈黙への対処法

女性にモテる会話術の、沈黙という状況への対処法をここでは解説していきます。女性にモテる会話術で解説した通りに、女性との会話の話題を仕込んでおき、会話をすれば女性との会話は盛り上がることは確実です。しかし、どんなに会話術が上達したとしても、会話が途切れることはありますし、女性があまり話さないタイプだっ...

≫続きを読む

パーティーでの会話術

パーティーでの会話術では、普通の会話とは違う会話術が必要です。パーティーにおいては、一般的な初対面における女性にモテる会話術が、逆効果になることがあるのです。ここで言うパーティーとは、閉ざされた空間内で不特定多数の人間が交流し、会話をする可能性のある場のことです。パーティーと名前のついていないもので...

≫続きを読む



ページの先頭へ



【恋愛心理学と女性心理の極み】は全記事リンクフリーですが、記事の無断転載には厳重に対処致します

トップページに戻る サイト目次 Kのプロフィール 無料メール講座 「恋極」 最短でモテるために