会話を盛り上げる会話術

女性にモテる会話術~話しの聴き方

会話を盛り上げる会話術

女性にモテる会話術の土台となるのが話の聴き方です。

 

会話を盛り上げる会話術のメインは、女性の話しを聴くことです。

 

話の聴き方は、女性心理に非常に大きな影響を与えます。

 

ストレス発散法にはいろいろありますが、女性のストレス発散法のメインは会話です。

 

女性は話しが上手い男性も、もちろん好きですが、女性の心理的には、話を熱心に聴いてくれる相手をこそ、求めています。

 

あなたが「楽しみながら」話しを訊いてあげることで、女性心理は満たされるのです。

 

上手く話しを聴くだけで、自然に会話を盛り上げることができます。

 

 

会話中の女性を注意深く観察することで、女性が何を話したいのか、何の話題で盛り上がるのかが分かります。

 

表情が明るくなった、声が大きくなった、ボディランゲージが激しくなったなどだったら、女性は、その話題について話したい、ということです。

 

その場合は、その話題についてより具体的に掘り下げることで会話を盛り上げることができます。

 

そうでない場合なら、その話題について話しても盛り上がらないので、別の話題に誘導していきます。

 

このようにして、盛り上がる話題を探して、それぞれの話題について女性に話させていくことで、女性が心を開いていくのです。

 

さらに、女性の話を注意深く聴いておくことで、会話内容が記憶にとどまりやすくなり、以降の女性との会話で共通の話題が増え、会話が盛り上がりやすくなります。

 

 

しかし、あなたが女性の話をきちんと聴いていても、女性から見るとそうは見えない、ということがよくあります。

 

話を実際にしっかりと聴いて反応してあげることも大切ですが、話をしっかりと聴いているように女性から見えることが大切です。

 

女性との会話でそのように見える方法を紹介しましょう。

 

 

まず、基本として、相手の眼をしっかりと見て話しを聴くことが大切です。

 

話しを聞いていても、目が合っていないと相手は「この人は本当に話を聴いているのか」と不安になってきます。

 

しっかりと目を見て話を聞きましょう。

 

なぜ、目を合わせないといけないのかというと、きょろきょろしていると、「女と目を合わせることができない格下の男」

 

と思われてしまうからです。

 

恥ずかしがらずに、目を合わせて話ができる男ということを示す必要があります。

 

目をずっと合わせ続けるのも、女性がリラックスできないので、適度に視線を外すようにしてください。

 

 

相手の方に身を乗り出して聴くことで、会話が自然と盛り上がります。

 

相手の方に体重をかけて、話を積極的に聴いているように見せましょう。

 

これをするだけで、女性はかなり熱心に話を聴いてくれていると感じます。

 

これは、恋愛心理学とかどうとかではなく、感覚的にその効果は分かると思います。

 

しかし、気を付けていないと忘れてしまいがちなものなので、普段から気を付けるようにしましょう。

 

過剰にやり過ぎなければ、女性心理に好印象なだけでなく、誰にとっても好印象を与えることができる会話術です。

 

相手が気持ちよく話している・熱心に話している時に、この動作を行うと、かなり好印象です。

 

 

リアクションをきちんとするのも、モテる話しの聴き方です。

 

相手の話に合わせて、あいづちを打ちましょう。

 

あまり頻繁にうなづいてはわざとらしいので、軽いうなづき数回→深いうなづきのように、緩急を付けましょう。

 

また、

 

「へえ~」

 

「それで?」

 

「マジで!?」

 

「それから?」

 

「それからどうなったの?」

 

「それはナイでしょ?」

 

「ウソ~?」

 

「それ、ヤバくない?」

 

 

などとあいづちを打ちましょう。

 

上記のような普通のあいづちと併用して、「トラックバッキング」(オウム返し)も効果的なので、使ってみてください。

 

「トラックバッキング」(オウム返し)とは、相手の直前の発言を繰り返すの会話術ですが、効果は大きいです。

 

「この前、旅行いったんだ」

 

「へぇ、旅行行ったんだ?」

 

「うん、それで、旅行先でM子がね~」

 

「M子がどうしたの?」
という感じです。

 

トラックバッキングされると、女性はこの人はちゃんと話を聴いてくれてるんだ、と感じます。

 

「トラックバッキング」はかなり多くの状況で使うことができる会話術のテクニックですが、こればかりだと不自然なので、普通のあいづちをバランスよく使いましょう。

 

 

これらの言葉は、棒読みせず、感情を込めて言うようにし、

 

単調にならないように、セリフはヴァリエーションを持たせましょう。

 

合いの手を入れることで、女性が気持ちよく話すことができます。

 

 

また、表情も大事です。

 

話している女性の表情に合わせて、表情を作ることが大事です。

 

女性が笑顔の時は笑顔で、愚痴を話している時など、困惑した表情なら、あなたもその表情を真似しましょう。

 

特に、笑顔は大事です。

 

ただし、愛想笑いになってしまったりしないよう、自然な表情を作れるようにすることが大事です。

 

女性同士の会話を見ていれば分かりますが、彼女たちは、本当に表情豊かです。

 

友人などの話に、顔を大きく動かしてリアクションをとります。

 

一方、男性はと言うと、相手の話に対しても、軽く反応する程度で、かなり無表情です。

 

女性と会話する時には、基本的に、リアクションを大きくし、表情も豊かに会話しましょう。

 

 

男同士で話す時よりも、リアクション・表情ともに、はるかに大げさにして下さい。

 

これだけで、女性との会話が桁違いに盛り上がります。

 

会話内容について悩む前に、リアクション・表情を大きくするだけで、女性心理に与える印象がまるで違ってきます。

 

 

どれくらいリアクション・表情を大きくするかは、女性の会話している時の様子を良く観察して女性に合わせましょう。

 

女性が楽しそうなら、それに合わせて大きく、そうでないなら、控えめに、というように状況に応じて調節してください。

 

基本は、リアクションを大きめにするのですが、真面目な話をしている時や、女性が落ち込んでいる時などは、もちろん、テンションを下げてくださいね。

 

そうすることで、女性心理に感性が合う人・話しやすい人という印象を与えることができます。

 

 

目を見る身を乗り出すリアクション・表情を大きくする

 

これらを守ることで、女性があなたに抱く印象が全く変わってきます。

 

逆に、守れていないと、いくら会話の内容が良くても女性は快く感じません。

 

これらは女性にモテる会話術において基礎的なことですが、本当に重要です。

 

気を抜くと忘れてしまいがちなので、会話の際には常に注意を払ってくださいね。


女性にモテる会話術~モテる話し方

次は、女性にモテる会話術、モテる話し方です。

 

話し方は、女性にモテる非常に大事です。

 

モテる会話をするためには、話す内容も重要ですが、それに劣らず「話し方」も非常に重要です。

 

共感・理解、ほめる、からかうなどを使っても、無表情で棒読みで反応していたら、全く会話は盛り上がりません。

 

会話を盛り上げるためには、話す内容が良くても、話し方が女心に受付けないものだったら意味が無いのです。

 

まず、原則として、感情を込めて話す、表情とつけて話す、というのは、モテる話の聴き方と同じです。

 

そして、女性と話す時は、意識して普段よりもゆっくり、低い声で話すように心がけましょう。

 

この落ち着いた話し方が、女性心理に安心感や余裕を与えることができるからです。

 

 

早口で話すということは、相手に少しでも多く自分の情報を伝えてアピールしたいという意識の表れです。

 

早口で話すことで、単位時間内に相手により多くのことを伝えることができます。

 

心理学的に早口で話す人は、相手により多くの情報を与えたいという自信の無さを表しているのです。

 

そのため、ゆっくり落ち着いて話すことを心がけましょう。

 

「早口で話す男性が好き」という女性は、非常に、非常にまれです。

 

ゆっくり話すということは、自分に自信がある証拠です。

 

話しの内容に情報量が少なくても、相手は自分の話を聴いてくれるという自信があるのです。

 

自信がある、余裕のある男であることをアピールするために、意識的にゆっくりと話して下さい。

 

美人を相手にすると、上がってしまい早口になる男が多いですが、早口でしゃべった瞬間、美女性はこの男も他の男と同じと思われ、見下されてしまいます。

 

ただし、会話を盛り上げる時や、会話が盛り上がっている時などは、ゆっくりではなく、テンポ良く話すようにしてください。

 

 

また、低い声で話すように心がけるのも重要です。

 

女性のほとんどは、高い声の男性よりも、低い声の男性を好みます。

 

低い声の方が、男らしさや、安心感を女性に与えることができるからです。

 

注意点としては、会話が盛り上がっている時などは、声を高くして盛り上がっていることが女性に伝わるようにする、ということです。

 

会話が盛り上がっているのに、低い声で話してしまうと、女性心理としては「私と話して楽しくないのかしら?」となるからです。

 

 

ゆっくりと低い声で話す、簡単なことですが、本当に効果のある会話術です。

 

逆に、これができていないと、会話内容がどうであっても、会話の効果が低くなってしまいます。

 

また、基本は、低い声でゆっくり話すのですが、その時その時の女性の会話のテンポによって、話すスピードは調節してください。

 

 

女性が元から早口なら、それに合わせてこちらも早めに話しましょう。

 

そうしないと、女性に会話のテンポが悪いと思われてしまいます。

 

また、女性が話すのに夢中になって早口になっている時などは、こちらも、あいづちを早いテンポで入れる、ということです。

 

 

聞く時の注意点でも述べましたが、相手の目をしっかり見て話すことも重要です。

 

キョロキョロしている男は、弱い格下の男という印象を女性心理に与えてしまいます。

 

相手の目をしっかり見ることで、自信のある男であることをアピールできます。

 

ぼんやりと見るのではなく、「意識して相手の目を見る」ことが大切なので、これは注意してください。

 

ただし、あまりにもずっと見つめるのはダメです。

 

適度に、視線をそらしながら、相手の目を見るようにしましょう。

 

その他で注意すべきなのは声のボリュームについてです。

 

時・場所・状況に応じて声のボリュームを調節するようにしてください。

 

静かな場所では、声を小さ目にし、うるさい場所では、声を相手に聞こえるくらい大きくしましょう。

 

会話が盛り上がっている時には、大き目に話し、そうでない時には適切なボリュームで話しましょう。

 

会話中に女性を観察し、女性のノリに応じてボリュームを調整するのが大切です。

 

男性の中には、不必要に大きな声で話してしまう人が多いです。

 

特に、自分が興味のある話題では声が大きくなり過ぎてしまいがちです。

 

状況に応じて、適切なボリュームで会話しましょう。

 

不必要に声が大きいと、周りへの配慮にかける男だと思われてしまいます。

 

会話術がいくら上手くても、これができていないと女性心理に響きません。

女性にモテる会話術 [断定]

「断定」という会話術について解説していきます。

 

断定は、会話を盛り上げる会話術で非常に重要です。

 

断定とは、相手の情報を決めつけて話すことで、会話のきっかけを作ったり、女性をからかったりする時に有効な会話術です。

 

「断定」とは、くだいて言うと、「決めつける」ということです。

 

つまり、「女性が~である」、と決めつけて会話を広げる会話術です。

 

断定すると、それが当たっていた場合は、「何で分かったの?」となり、会話が広がりますし、

 

断定した内容が外れていた場合でも、「何でそう思ったの?」となり、会話が広がります。

 

それぞれの場合について、あなたがそう断定した理由を続けることで、それに対する女性の反応を引き出すことができます。

 

「断定」と言っても、「AはBだ!」という感じの、自分の価値観を押し付ける断定ではない、ことに注意してください。

 

 

例えば、

 

会話のきっかけを作る例なら、

 

「実家帰った時、妹とは何して遊んでるの?」

 

と妹がいると「断定」して質問することで、会話のきっかけを作ることができます。

 

妹がいた場合、「何で妹いるの分かったの」「妹いるっていったっけ」という感じの返答があり、

 

会話を広げることができます。

 

妹がいない場合、「妹いないよ」「何で妹いると思ったの?」という感じの返答がくるので、

 

それに対して「しっかり者でお姉さんっぽいと思ったから」などの、そう断定した理由を続けることで、

 

会話を簡単に広げることができます。

 

断定を使えば、初対面の女性との会話でも、盛り上げることが容易になります。

 

 

他には、「職業」を断定するのも会話のきっかけ作りに効果的です。

 

「美容師」なら、髪きれいだから、髪型おしゃれだから、

 

「アパレル系」なら、ファッションがおしゃれ、美的センス高そう、

 

「営業」なら、トーク力ありそう、コミュニケーション上手そう、

 

「看護師」なら、優しそう、気が利きそう、

 

などと断定して、その後、理由を続けます。

 

こういう形で職業について断定すれば、会話が容易に盛り上がります。

 

上記のように、女性が喜びそうな職業を言うのが基本的に喜ばれます。

 

「普通のOL?」と訊くのは、いけません(笑)

 

また、「モデル」とかの相手の外見を直接的にほめる断定はあまり良くないです。

 

あれ、自分って実はそう見えるのかな(嬉)という心理を女性に抱かせるのが大事です。

 

 

 

女性をからかうのに「断定」使う場合の例を挙げると、

 

 

女性「足疲れたぁ」

 

あなた「やっぱ良家のお嬢様にはこの距離はきついか」
※女性がお嬢様という設定

 

 

女性「昨日、会社の帰りに~」

 

あなた「階段でコケて膝すりむいたんだよね?」
※女性がドジという設定でからかい、さらに女性の話の腰を折ることでからかっている

 

女性「あー、眠い」

 

あなた「そりゃ、合コン行った後にクラブでオールすれば眠くなるよ」
※女性が遊び人・外交的という設定

 

という感じです。

 

女性を「キャラ付け」する「断定」をすることで、女性につっこませたりして、会話を盛り上げます。

 

 

人間は心理学的に、間違った情報、特に自分に関する間違った情報を訂正したがる性質を持ちます。

 

ですから、断定して質問すると、それが正しかった場合は、何でわかったの?ということで、会話が広がりますし、

 

間違っていた場合は、何でそう思ったのかを聞かれたり、女性が情報を訂正して会話が広がります。

 

相手は、否定するだけでなく、正しい情報を無意識のうちに言ってしまうのです。

 

例えば、「彼氏とはどこに出かけてるの?」

 

のような感じで、彼氏がいることを決めつけて質問し、彼氏がいるかどうかを不自然でなく間接的に訊くことができます。

 

このように、断定には、警戒されずに情報を引き出すことができるというメリットもあります。

 

「断定」の会話術を効果的に使って、会話を盛り上げてください。

会話を盛り上げる会話術 [誇張・具体化]

会話をより盛り上げる会話術として、

 

・誇張

 

・具体化

 

の二つを紹介したいと思います。

 

「共感する・理解する」「ほめる」「からかう」「質問・仮定」をメインとした会話術で、

 

女性との会話を盛り上げることが可能ですが、これらに「誇張・具体化」の要素を加えることで、

 

より会話を盛り上げることができます。

 

 

「誇張」は、簡単に言うと、「実際よりも大げさに表現すること」です。

 

例を挙げると、

 

「想像を絶するほど気が利くね」(ほめる+誇張)

 

「ドジそうだんもんね。一日30回くらいコケてそう(笑)」(からかう+誇張)

 

「彼氏何十人いるの?」(質問+断定+誇張)

 

のような感じです。

 

 

「具体化」の例を挙げると、

 

「シャー芯みたいに細くてスタイルいいね」(ほめる+具体化)

 

「一日23回くらいコケてそう(笑)」(からかう+誇張+具体化)

 

「彼氏とは週末、新宿3丁目5番地のバーとかでデートしてんの?」(質問+断定+具体化)

 

のような感じです。

 

例を見れば、かなりイメージがつかめるのではないでしょうか?

 

 

「誇張・具体化」の会話術を会話において使うことで、「笑い」を生んだり、女性からのツッコミが入ったりしてくるので、会話がより盛り上がります。

 

会話を盛り上げる会話術は、無限と言ってよいほどの数がありますが、

 

会話術のテクニックの中でも、かなり簡単に使えて、かつ効果が大きいのが「誇張」と「具体化」です。

 

この二つの会話術を会話に加えることで、ユーモアのある人、という印象を、女性の心理に与えることができます。

 

この二つを、「共感する・理解する」「ほめる」「からかう」「質問・仮定」「断定」をメインとする会話の大きな流れの中で

 

「誇張・具体化」をアクセントとして併用していくことで、会話をより盛り上げることができます。

 

会話術としては、この二つをメインとして、アクセントを加えていきましょう。

女性にモテる会話術 注意事項

女性にモテる会話術という以前に、会話の基本は「連想」です。

 

一つ一つの話題について、連想されるものを話題にして、つなげていくことが会話の大前提です。

 

ですから、会話中に自分の話したいことがあっても、会話の流れ、連想の流れを断ち切って話すということがないようにしてください。

 

先ほどの「会話のネタ」についても、女性が話したそうにしている話題をぶった切って、別の話題を振る、

 

などといったことが内容にしてください。

 

モテない男性は、女性との会話中に、現時点でも会話の流れに関係なく、自分の話したいことを無理矢理、話しがちですので、注意してくだい。

 

 

また、男性で、自分の自慢話をする人がいますが、自慢はやり方をよく考えるようにしましょう。

 

自分では気付かずに、ついいい気になって自慢話をしてしまう人がいますが、絶対にしないようにしてください。

 

よく、出身大学などの学歴、仕事の自慢、金持ちであること、などを自慢する人がいますよね?

 

確かに、それらはすごいことですが、自分の口から言うべきものではありません。

 

相手に訊かれたのならさらっと答えてもいいですが、積極的には口に出すべきものではありません。

 

あなたのすごさは、周りの友人などから自然と伝わってこそ効果があるのです。

 

自慢は、上手くやると効果的ですが、露骨にやるとウザイので、さらっと自慢する・会話の流れで自慢することが大切です。

 

 

自慢するのではなく、逆に自分の失敗談を話すのが効果的です。

 

失敗談をして適度に隙を見せてあげることで、女性はあなたに親近感を抱きやすくなります。

 

自分のアピールをする男ばかりがいる中で、失敗談を話す男は珍しいので、女性は「この男は違う」と思ってくれます。

 

自分の失敗を話せる、余裕のある男だと思われます。

 

失敗談を話す時は、取り返しのない失敗談だと、女性の雰囲気が暗くなってしまうので、

 

軽く笑えるような失敗談を話してください。ボロが出ないなら、作り話の失敗談でも良いです。

 

 

自慢の他にも、愚痴や、衒学(知識のひけらかし)はやめた方がよいでしょう。

 

愚痴に関しては、相手も関係する事柄に対する愚痴は相手も話に乗れるのでまあ良いですが、そうでないあなたの内輪だけの愚痴などは、関係ない人には全く面白くありません。

 

自分はすっきりするかも知れませんが、相手は聞いていて面白くはないでしょう。

 

愚痴を言うのは、「女性にモテる会話術」で書いたように、「女性への質問の伏線を張る場合」にしてください。

 

「会社の上司に○○な奴がいるんだけど、上司にウザイ奴いない?」みたいな感じです。

 

このような形で、自己開示して相手にしゃべらせるためなら、愚痴を言ってもいいです。

 

 

衒学とは、知識をひけらかすことです。

 

自分の詳しい事柄を延々と語りたがる男もいますね。

 

例えば、写真が趣味で、カメラのレンズについてひたすら話してくるなどです。

 

話している自分は楽しいかもしれませんが、女性の方は、楽しくありません。

 

女性心理を考えた女性にモテる会話術を使いましょう。

 

また、これも、自慢話と同様に、女性に訊かれたら話しても良いです。

 

知識をアピールする際も、さりげなく、さらっとやることが大事です。

 

自ら知識があることをアピールするのではなく、訊かれた時に詳しく話せる方がかっこよくないですか?

 

 

先述した女性の会話目的は「共感」であることを胸によく刻んでおいてください。

 

女性は基本的に、会話から情報を得たいのではないのです。

 

その他にも、女性が興味がなさそうな話題には極力触れない方が良いでしょう。



ページの先頭へ



【恋愛心理学と女性心理の極み】は全記事リンクフリーですが、記事の無断転載には厳重に対処致します

トップページに戻る サイト目次 Kのプロフィール 無料メール講座 「恋極」 最短でモテるために