恋愛で使える心理学用語集1

ミラーリング(心理学)

恋愛で使える心理学用語集1

ミラーリングとは、その名の通り鏡のように相手と同じことをして、親近感を抱かせることができる、という心理学用語です。

 

ミラーリングは、相手と動きや発言を合わせるということで、「ペーシング」「チューニング」などとも呼ばれます。

 

「類は友を呼ぶ」という言葉があるように、心理学的に似ている者同士は仲良くなりやすいのです。

 

これを利用したのがミラーリングです。

 

ミラーリングは、これ見よがしにやるのではなく、さりげなくやるのがポイントです。

 

また、それほど仲が良くない女性に、あからさまにやってしまうと、気持ち悪がられるので注意が必要です。

 

女性に、「あれ、この人私としぐさが似てるかも?」を思われる程度に軽くやるのがポイントです。

 

ミラーリングは、相手が無意識にあなたに親近感を抱くようになるテクニックです。

 

以下にミラーリングの具体例を挙げておきます。

 

 

・相手が足を組んでいる時に自分もさりげなく足を組んでみる

 

・相手が手を組んでいる時に自分もさりげなく手を組んでみる

 

・食事の時に、相手が食べ始めるとほぼ同時に自分もたべ初める

 

・コップの持ち方を真似る(指の配置など)

 

 

他にも、ミラーリングできるものは無数にあるので、いろいろやってみてください。

 

ミラーリングは、たいていの恋愛に関する本に載っている心理学のテクニックなので、知っている人も多いと思います。

 

しかし、【恋愛心理学と女性心理の極み】ではより踏み込んだ方法を解説したいと思います。

 

以上のような行動に関するミラーリングは、全く同時にやってしまうと気づかれやすいですし、不自然です。

 

 

そのため、相手の動きと時間差を置いておこなうのが良いでしょう。

 

また、相手の動きの癖を覚えておいて、相手がその動きをしていない時に真似する、ということでも、ミラーリングの効果が得られます。

 

このミラーリングの方法は、効果的ですので、ぜひ使ってみてください。

 

時間差ミラーリングは、不自然に思われにくいです。

 

 

ミラーリングと言えばその言葉から行動のみを真似するものと思ってしまいがちですが、言葉のミラーリングも有効です。

 

例えば、

 

・相手の口癖を真似る(良く使う副詞や、形容詞などを真似る、語尾に特徴があれば真似る)

 

・相手が使う特有の言い回しを真似る

 

などです。

 

どれも、頻繁にやっていては不自然に思われる可能性が高いので、さりげなくほどほどにミラーリングしてください。

 

 

仲の良いカップルや、夫婦だと、ミラーリングをしようとしなくても自然と互いの言動が似ていることがあります。

 

この状態を意図的に作り出すのに効果的なのがミラーリングなのです。

 

ミラーリングは適度に使うことでその効果を発揮します。

 

なお、ミラーリングすることに気を払い過ぎて、女性をじろじろと見過ぎないように注意してください。

 

ミラーリングを恋愛において使う場合の注意点は、本当にさりげなくやるということです。

 

女性が、「あれ、この人私に何か似てるかも?」と思わせる程度のミラーリングを行いましょう。

 

ミラーリングを行う際には、大きな効果を期待するのではなく、効果があればラッキー、ぐらいの気持ちで行ってください。

 

 

また、モテるメールテクニックでもミラーリング使うことができるので、これについてはモテるメールテクニック/恋愛を読んでください。

 

ミラーリングをモテるメールテクニックで使う方法はかなり効果的ですので、ぜひ使ってみてください。


吊り橋効果

吊り橋効果、これは非常に有名な心理学用語だと思います。

 

雑誌などでもよく取り上げられるので、知っている人も多いのではないでしょうか。

 

吊り橋効果とは、恐怖や興奮などの感情が生じる状況では、その時一緒にいる相手に好意を抱きやすい、という効果です。

 

恐怖や興奮によって生じた鼓動の高鳴りを、恋愛感情によるものだと勘違いすることによって、相手に好意を抱きやすくなるのです。

 

 

例えば、遊園地などでは「吊り橋効果」を生じさせる条件を満たす施設がたくさんありますよね?

 

ジェットコースターなどは恐怖と興奮を非常に生じさせやすいですし、お化け屋敷も恐怖と興奮を生じさせやい施設です。

 

ということで、世のカップルが付き合いたての頃によく遊園地に行くのは、実に理に適っているのです。

 

また、遊園地では吊り橋効果を得やすいだけでなく、会話のネタに困らない、という利点もあります。

 

付き合いたての頃は、互いのことをまだあまり知らないので、会話のネタに困ってしまいがちです。

 

しかし、遊園地では直前に乗ったアトラクションや、施設などのことについて感想を言い合って会話すれば良いので、話しのネタに困らずに済みます。

 

(有名なところや{あまり混んでいる所では待ち時間が長くなり、会話に困ることもあるので注意が必要ですが・・・)

 

吊り橋効果は日常の様々な場で使うことができるテクニックです。

 

普段味わえないような非日常の体験を女性にさせてあげることでも、吊り橋効果と同じような効果を得ることができます。

 

ぜひ、この吊り橋効果を頭において、女性を勘違いさせてみましょう。

単純接触効果(ザイオンス効果)

単純接触効果とは、接触する回数が多いほど、相手に好感を抱く、ということを表す心理学用語です。

 

ザイオンス効果とも呼ばれます。

 

人間は、心理的に、接触する回数が多い人間には自然と好意をもつものなのです。

 

接触する数が多ければ、自分のこと相手が知るチャンスも増え、また相手のことを自分が知るチャンスも増えるわけです。

 

そのため、接触回数が増えることで互いに好意を抱きやすくなるのです。

 

ただし、単純接触効果が得られるのは相手の自分に対する印象が悪くない時のみです。

 

相手の自分に対する印象が悪い状態で単純に会う回数を増やしても、好かれることはありません。

 

逆に会えば会うほど嫌われる可能性が高くなります。

 

 

単純接触効果を非常に得やすいのは、学校や職場などです。

 

このような接触回数が多い場では、取り立てて魅力がない人でも、彼女を作りやすいです。

 

長いスパンで何度も交流することで、相手も表に出てきにくい魅力にも気付くことができるからです。

 

外見がカッコイイとか、話が面白いとか、学歴が高いとかの、わかりやすい魅力のない人でも、単純接触効果によって女性を落としやすいです。

 

 

街中でみかける美女と野獣のカップルは、このような近い関係で長年過ごしてきたような人が多いです。

 

しかし、単純接触効果(ザイオンス効果)が得られる人は、多くはいません。

 

本当に自分の理想とする相手を探すなら、積極的に分かりやすい魅力を身に着ける必要があります。

 

単純接触効果が得られる人の中からのみ相手を探していたのでは、理想の相手と付き合える可能性など0に等しいです。

 

初対面である程度の魅力を与えてあげなければ、身近な人間以外とはその後のコンタクトを取って行くことは難しいです。

 

積極的に、自分磨きを行っていきましょう。

フットインザドアテクニック

フットインザドアテクニックとは、相手に上手く要求をのませるという意味の心理学用語です。

 

セールスマンがセールスに来る時に、なんとか家の中に入って話を聴いてもらうために、ドアに間に足先をはさむ様子からこの名前が付けられました。

 

足をドアにはさんで、中になんとか入って、要求をのませるのです。

 

つまり、フットインザドアテクニックとは、小さな要求をのませて、相手に要求に応じるスタンスを作ってから、徐々に大きな要求をのませていく、ということを表す心理学用語です。

 

フットインザドアテクニックは、別名「ローボールテクニック」とも言われます。

 

 

街頭のセールスを例にとってみましょう。

 

「お肌に関するアンケートを取っています。アンケートに答えてくださった方には、簡単な粗品を差し上げております」

 

みたいな感じで肌が荒れ気味の人に話しかけ、喫茶店などに入り、後でニキビケアなどの商品のセールスをするのです。

 

いきなり、「喫茶店に入って、商品の説明を聴いていただけませんか?」

 

などと言っても話を聴いてくれるわけがありません。

 

しかし、心理的なハードルの低いアンケートに答えさせることで、次の商品の説明も受け入れてくれやすくなるのです。

 

 

フットインザドアテクニックは、恋愛においては、食事→カラオケ→遊園地→ホテルの順に誘う、というように使います。

 

恋愛において、モテない男性はいきなり高い要求をしてしまいがちです。

 

初めて出会ってから、、ろくに連絡を取り合っていない状態でいきなりデートに誘ったりしてしまうのです。

 

 

また、「告白に対して返事をする」というのも、かなり心理的にきつい要求です。

 

漫画や、テレビドラマでは、長い間想っていた相手に、勇気を振りしぼって告白し、OKをもらい、ハッピーエンド、というのが良くありますよね。

 

しかし、告白の返事をするというのは、女性心理にとって相当精神的にきついことです。

 

多くの場合、イエスかノーで答えなければならないためです。

 

これについては、恋人・彼女の作り方でも詳しく解説しています。

ドアインザフェイステクニック

ドアインザフェイステクニックも、フットインザドアテクニックと並んで、心理学で非常に有名なテクニックです。

 

ドアインザフェイステクニックは、初めに高い要求を相手にのませようとして失敗することで、それよりも小さな要求をのませやすくするという、ことを表す心理学用語です。

 

以下、使い方を解説します。

 

 

まず、本来承諾して欲しい頼みを用意します。

 

次に、それよりも断られる可能性が高い要求を用意します。

 

 

そして、最初に断られる可能性の高い、無理目な頼みごとを頼みます。

 

この頼みが断られたら、本来承諾して欲しい頼みを言うのです。

 

すると、単独で頼みごとをするよりも、要求がのませやすくなるのです。

 

これが、ドアインザフェイステクニックです。

 

例えば、ランチに誘うことを目的としているなら、「今度一緒に居酒屋行かない?」

 

と言ってわざと断らせ、その後、「じゃあ、今度昼一緒に○○行こうよ」

 

のような感じです。

 

最初の頼みごとを断ったことで、相手は心理的に負い目を生じているため、次の依頼が断られにくくなるのです。

 

依頼を断ることで、相手には少なからず罪の意識が生じています。

 

この罪の意識があるため、簡単な依頼なら断らなくても良いか、と相手は思うのです。

 

ただし、最初に断らせる要求があまりにもハードルの高いものだと、(極端な例だと、「ラブホテル行こうよ」など)その時点で嫌われてしまうので、

 

ドアインザフェイスの効果は発揮されないので、注意が必要です。

 

あくまで、実際の要求よりも少し高い程度にとどめるのがポイントです。

 

ぜひ、ドアインザフェイステクニックを有効に使ってみてください。

初頭効果

初頭効果とは、人間の最初に作られた印象は、なかなか覆らない、という効果のことです。

 

人間というものは、第一印象で相手を判断しがちです。

 

なんとなく、いい人そう、嫌な奴、などといった印象で、相手を判断してしまい、それ以後もその考えのままになってしまいがちなのです。

 

印象は、髪形、姿勢、体型、話し方、声のトーンなど、様々な要素によって決まります。

 

このような要因によって決まった第一印象が、その後の印象にも大きな影響を与えます。

 

 

第一印象にあてはまるところばかりに目が行くようになり、ますますその印象を強めてしまうのです。

 

第一印象と異なる部分があっても、そのような所は見逃し、第一印象に当てはまるところが目につくようになります。

 

これを、心理学用語で「確証バイアス」と呼びます。

 

初頭効果は、簡単に言うと、第一印象はその後の印象に大きく影響を及ぼす、ということです。

 

そのため、第一印象に大きく関わる外見には細心の注意を払うべきなのです。

好意の返報性・自己開示の返報性

自分が好意を持って接していると、相手も行為を持ちやすい、これが好意の返報性です。

 

好意を示すと、それを受け取った相手は、自分も好意を返してあげないといけないという心理状態になり、好意が返報されるのです。

 

しかし、恋愛においては好意を示し過ぎてもいけません。

 

好意があるのかないのか分からない微妙なラインで好意を示すのが効果的です。

 

 

また、自己開示の返報性とは、好意の返報性と似ているのですが、自分が自己開示をすると、相手も自己開示してくれる、ということです。

 

自己開示とは、自分に関する情報を相手に伝えることです。

 

女性にモテる会話術でも述べていますが、話題を持ち上げる時には、自分から「自分のAはBなんだけど、~ちゃんのAはどう?」のように訊くべきだということです。

 

このように自分から自己の情報を相手に開示することによって、相手も自分自信の情報を開示してくれやすいということです。

類似性の要因

類似性の要因とは、相手と類似している部分があると、仲良くなりやすい、というものです。

 

例えば、出身地が同じ、趣味が同じ、好きな音楽が同じ、など、いろいろな要素があります。

 

人は、共通点がある人間に対して親しみを抱くものなのです。

 

初対面の時などには、このような共通点を探すと良いでしょう。

 

共通点があると、その共通点について会話をすることができ、盛り上がります。

 

また仲良くなっていないうちは、類似点を探して会話するようにしましょう。

 

類似性の要因を積極的に活用していきましょう。

 

 

関連記事

 

心理学 しぐさ心理学用語集2



ページの先頭へ



【恋愛心理学と女性心理の極み】は全記事リンクフリーですが、記事の無断転載には厳重に対処致します

トップページに戻る サイト目次 Kのプロフィール 無料メール講座 「恋極」 最短でモテるために