恋愛で使える心理学用語集2

ゲイン効果・ロス効果

恋愛で使える心理学用語集2

ゲイン効果・ロス効果とは、人間の印象に関する心理学用語です。

 

ゲイン(得る)効果とは、ある人が現在持っている印象と異なる印象の行為により、評価が上がることです。

 

ロス(失う)効果とは、ある人が現在持っている印象と異なる印象の行為により、評価が下がることです。

 

例えば、見た目が悪そうな人が、動物に優しくしていたり、店員に礼儀正しいなどすると、「本当はいい人なのかも」という感じで、ゲイン効果が発生し、大きく評価が上がります。

 

例えば、真面目な印象を持たれている人が、ちょっとでも悪いことをすると、「あいつ、悪い奴なんじゃないか?」という感じで、ロス効果により、評価が大きく下がります。

 

例えば、遊び人っぽい人が、長年同じ彼女と付き合っているということを知ると、「見かけによらず、誠実で良い奴じゃん」という感じで、ゲイン効果が発生し、大きく評価が上がります。

 

例えば、見るからに賢そうな人が、勉強が全然できないと、「見かけ倒しの馬鹿」という感じで、ロス効果が発生し、評価が大きく下がります。

 

 

ゲイン効果・ロス効果で、何が大切かというと、自分の周りに与える印象を理解するのが大切、ということです。

 

自分のキャラづけを積極的にし、ゲイン効果によるギャップで好印象を狙っていく、ということもできます。

 

例えば、チョイ悪のファッションが似合う人が、その系統のファッションをし、悪そうという印象をつけておき、優しさの効果を倍増させる、などといった感じです。

 

逆に、長所があっても、ロス効果が発生しないように、自分の印象と大きく外れる行動をとらないようにする、ということも必要です。

 

自分が他人からどう見られているか、ということを正しく認識し、行動していくことが、モテるためには大切です。


ランチョン・テクニック

ランチョンテクニックは、食事をしながら、交渉や依頼を行うと、それが相手に承諾されやすいということを表す心理学用語です。

 

食事をすることによって、人は充実感や快感を得ることができます。

 

この充実感や、快感をともに共有している、一緒に食事をしている相手には、頼み事をされると断りにくいのです。

 

食事の時のいい気分が、相手の要求を断りにくくさせるのです。

 

ランチョンテクニックは、かなり多くの人が自然に使いこなしている心理学のテクニックだと思います。

 

あなたも、女性への初めてのデートの誘いは「一緒に食事」だったのではないでしょうか?

 

ランチだけでなく、簡単な菓子などを食べながらでも効果があるので、ランチョンテクニックは使用しやすいと思います。

 

あなたといる時の記憶が、おいしいものを食べている時のいい気持ちの記憶とリンクするのです。

 

女性とは、おいしい食べ物を一緒に食べることを心がけましょう。

パーソナルスペース

パーソナルスペースとは、人間が縄張り意識をもつ範囲のことを表す心理学用語です。

 

自分の中心として、他人に侵されたくない空間のことです。

 

一般に、男性の方が女性よりもパーソナルスぺ―スが広いとされていますが、国や個人の性格によっても差があります。

 

 

パーソナルスペースの例を上げてみましょう。

 

男性ならわかると思いますが、男子トイレで「小」をする時を思い出してください。

 

この時に、自分の隣に人がいると、発射開始までの時間が遅くなることが多数の研究により知られています。

 

このことは、経験的にも納得できることなのではないでしょうか?

 

また、トイレにすでに先客がいる場合に、隣にならないように、出来るだけ便器の間隔を空けようとしたことがもちろんありますよね?

 

パーソナルスペースの侵害の例として、他には満員電車やエレベーターがあります。

 

満員電車や満員のエレベーターなどは、ほとんどの人がストレスを感じるものだと思いますが、これもまたパーソナルスペースを侵害される距離に人がたくさんいるからです。

 

以下に、参考として文化人類学者のエドワード・ホールによる距離の分類をご紹介します。

 

距離はおおよその目安として捉えてください。

 

 

         近接相15cm未満 抱擁ができる距離。 
                  恋人などとの非常に親しい間柄の人との距離
近接距離
         遠方相15~45cm 手を軽く伸ばせば、相手に触れられるくらいの距離
                  腕が組めるぐらいの距離。 親密な間柄

 

 

         近接相45~75cm 手を大きく伸ばせば、相手に触れられるくらいの距離。 
                  友人などとの距離
個体距離
         遠方相75~120cm 互いに手を伸ばせば触れられるくらいの距離。 
                   相談などをするのに適した距離

 

 

         近接相1.2~2.1m   知り合いでない人を会話したり、
                   商談などの仕事関係の相手に適した距離
社会距離
         遠方相2.1~3.6m  公式な商談など、互いに気にすることなく仕事ができる距離

 

 

         近接相3.6~7.5m  簡単な会話が可能な、公的な距離
公共距離
         遠方相7,5m~    講演などに適した距離

 

 

女性経験の少ない男性は、このパ―ソナルスペースを踏まえずにいきなり密接距離で接したりしてしまいがちです。

 

いきなり接近すると、気持ち悪がられますし、度が過ぎるとセクハラだと思われます。

 

パーソナルスペースの概念を踏まえて、徐々に身体的にも精神的にも距離を縮めていきましょう。

 

モテない男性は、いきなり女性に接近し過ぎて、がっついていると思われて嫌われてしまうことが多いです。

ピグマリオン効果

ピグマリオン効果とは、人は期待された方向に伸びて行く性質をもつという効果を表す心理学用語です。

 

 

ピグマリオンとは、ギリシア神話に登場する王の名前です。

 

ピグマリオンは、自分の作った女神像があまりにも美しいことから、自作の像に恋してしまいます。

 

そして、この女神像が本当の人間だったらさぞ良かったのにと思いながら、人間になることを期待し続けます。

 

すると、ある日、ピグマリオンの思いが通じ、女神像に命が宿り、ピグマリオンは彼女とめでたく結ばれました。

 

 

この逸話から、「期待すればその通りになる」という効果をピグマリオン効果と呼ぶようになりました。

 

つまり、他人からもたらされた自分に対する期待によって、本人の行動までもが変化していくのです。

 

ピグマリオン効果をもたらす言葉を自己成就予言と言います。

 

 

ピグマリオン効果を恋愛に応用する方法として、相手の欠点を直すというものがあります。

 

どんなに素敵な女性を見つけたとしても、欠点の一つや二つはあるものです。

 

そのような欠点を、ピグマリオン効果によって、無意識に直させましょう。

 

 

例えば、だらしないところを直させたいならば、「○○って、しっかりしてるよね」などと言う感じです。

 

これによって、言われた方は無意識に「しっかりした自分」になるように行動が変化していくのです。



ページの先頭へ



【恋愛心理学と女性心理の極み】は全記事リンクフリーですが、記事の無断転載には厳重に対処致します

トップページに戻る サイト目次 Kのプロフィール 無料メール講座 「恋極」 最短でモテるために