モテる男の条件・特徴2

モテる男の条件・特徴~女性の性質を理解する~

女性の性質を理解

モテる男の条件・特徴では、モテる男になるために、男性自信が持つべき心構えという観点からのモテる男のマインドを解説しました。

 

モテる男の条件・特徴2では、女性自身が持つ性質を考慮したうえでの、モテる男のマインドを解説していきます。

 

女性と男性は、同じ人間ですが、物事の見方に大きく異なる視点があります。

 

もちろん、女性ごとに異なる視点というものもありますが、に、共通する性質というものがあります。

 

それを意識したうえで、女性の発言や行動を認識することで、女性心理の理解が容易になりますし、

 

どのような恋愛心理学のテクニックを用いればよいのか、という理解も進みます。

 

モテる男の条件・特徴として、このような女性特有の心理を理解しているということが挙げられます。


~モテる男のマインド~男はわさび、女はからし

恋愛において「男はわさび、女はからし」という有名な例えがあります。

 

これは、男女の恋愛観の違いを非常に上手く表した表現です。

 

この言葉の意味を理解することは、モテる男に必須の条件です。

 

「男はわさび、女はからし」ということを常に理解して行動できるのが、モテる男の特徴です。

 

 

まずは、男はわさびの説明からしましょう。

 

男性心理は女性心理と大きく異なり、男性は女性を一目見てすぐに好きになることが多いです。

 

外見が好みだと、すぐに「付き合いたい」、「ヤリたい」と思うのが男性です。

 

つまり、男性は、恋愛感情が一気に爆発しがちなのです。

 

これを、辛みがすぐにくる「わさび」に例えています。

 

 

一方、女性心理はというと男性心理と異なり、じわじわと徐々に恋愛感情が強くなっていくのです。

 

ある男性を見て一目ぼれするということは、女性にも確かにありますが、男性の場合に比べてかなり希です。

 

ほぼ全ての恋愛の場合で、男性の色々な側面を見て徐々に好意を抱いていくのです。

 

これを辛さが後でくる「からし」と例えています。

 

 

これは、女性用のエロ本を読めば分かると思います。

 

男性用のエロ本がすぐにセックスにもって行くのに対し、女性用のそれは多数の「ドキドキポイント」を経て肉体関係に至る、というようになっています。

 

ドキドキポイントとは、書類を渡す時に手が偶然ふれたり、エレベーターが満員で偶然、距離が近くなったり、デスクで顔をふと挙げると、偶然目が合ったり、二人が狭いところに閉じ込められたり、といったものです。

 

女性は、このような小さなドキドキを積み重ねていって、男性に好意を持つようになるのです。

 

男性用のエロ本は、基本的にすぐにセックスする、というのが普通ですよね?

 

女性用のエロ本でこのようなタイプの本を出すと売れないので、自然に女性心理の本質をついた「じわじわタイプ」に落ち着いたのです。

 

 

モテない男は、一気に爆発した感情をすぐに表してしまうため、女性にモテることができないのです。

 

モテる男の条件は、女性にがっつかないことです。

 

もちろん、恋愛心理学のテクニックを用いれば惚れさせるまでの時間は大幅に短縮できるようになり、

 

場合によっては即日セックスなどもできますが、基本的に女性の恋愛感情は徐々に高まっていくものということは認識しておいてください。

 

ある程度打ち解けた会話ができるようになってから、デートに誘う、手をつなげるような間柄になってからキスをするといった感じで、

 

その女性にとって、心理的なハードルの低い順番に男女の関係を進めていくことが、モテるために非常に大切なことです。

 

 

「この一言ですぐに女性をセックスしたくてたまらない状態に!」

 

「女を一瞬で落とす魔法のセリフ」

 

「このしぐさをするだけで、女性をあなたの虜に!」

 

 

などと謳う恋愛や心理学の教材や本は山ほどありますが、そんなことは女性心理の性質状、あり得ません。

 

そんなに簡単に女性にモテるなら苦労しません。

 

どんなに強力な恋愛心理学のテクニックを使っても、単独ではほぼ意味はありません。

 

細かい要素が積み重なって初めて、効果が出るものなのです。

 

一発の大技を決めても、女心を動かすことはできませんよ。

 

「男はからし、女はわさび」、この言葉を常に意識して行動できることが、モテる男の条件です。

~モテる男のマインド~女は全体を見る

女性には、全体を見る、という性質が一般的にあります。

 

例えば、女性は、体の先端をかなり意識します。

 

女性では靴を10足以上持っている人も少なく無く、ファッションに合わせて使い分けています。

 

しかし男性では、靴を気にする人はあまりおらず、ファッションによらずいつも同じ靴、持っていても数足、という人がほとんどでは無いでしょうか?

 

女性には全体を意識する傾向があり、目立つ大きなところだけでなく、細かいところにまで意識が行き届いているのです。

 

 

他にも、女性がたいていグループで行動するのも、この女性の全体を見るという性質から来ている部分が多いです。

 

男性は少人数で行動する傾向にあるので、「女って何であんなに群れるんだろう?」と不思議に思う男性も多いと思います。

 

これも、女性が全体の人間関係を見て、「集団の調和」を意識しているから、という理由で説明がつきます。

 

 

なぜ女性に「全体を見る」性質があるのかというと、色々な説がありますが、「家庭を支えるため」という説が説得力があります。

 

女性は古くより、家庭を支える役目があり、ご近所づきあいをしていく必要があるため、細かいところまで全体を見渡すようになった、というのが良くある説です。

 

ここでなぜ女性に全体を見る性質があるのか?ということを議論しようというのではなくて、

 

この「女は全体を見る」、ということを通して結局、何が言いたいのかというと、

 

次の二つのモテる男のマインドが大事、ということです。

 

 

女は全体を見るから、イケメンでなくても大丈夫

 

女は全体を見るから、総合的な魅力を上げて行こう

 

 

モテない男は、すぐに自分がモテないのを顔のせいにしたがります。

 

自分が努力しなくても済むように、自分がモテないのは生まれつきの顔のせいだ、と言い訳をしたがるのです。

 

しかし、モテるためには、顔がイケメンであるかどうかは全く重要ではありません。

 

女性は、全体を見る生き物なので、面積の狭い局所的な部位である顔などほとんど気に留めていないのです。

 

現実に、顔が良い女はよほど性格が悪くない限り、男にモテモテですが、顔が良い男でモテてていない男は沢山います。

 

 

むしろ、ファッションや、会話などからもたらされる「そのひと全体の雰囲気」が大切なのです。

 

芸能人で人気のある男性や、あなたの身の回りのモテている男性を良く見てみてください。

 

顔自体はイケメンで無い男性の方が圧倒的に多いはずです。

 

彼らは、髪型や、ファッション、話し方などでカッコいい、と騒がれているだけなのです。

 

顔がイケメンであることは、恋愛においておおむね有利に働くことですが、女性心理からすると、顔は男の判定基準のごくごく一部なのです。

 

「ちょっと顔に自信がないなぁ」、という男性でも、外見全体を磨き、会話術を初めとする内面を磨けば、

 

全く問題なく、モテる男になれます。

 

ですから、絶対に自分の元の顔をモテない理由にせずに、モテる努力をしていきましょう。

 

 

そして、女は全体を見るのですから、一部分だけの魅力を磨いてもダメです。

 

イケメンならモテる、オシャレならモテる、スポーツが良ければモテる、会話が上手ければモテる、というものではありません。

 

これら自体は、女性心理にとって魅力となり得ますが、これら単独だけではモテるようになれません。

 

恋愛においては、長所を伸ばすことも大切ですが、短所を無くすことも、非常に大切です。

 

女性は全体を見る傾向にあるので、モテる男になるためには、総合的な魅力を挙げていくことが必要です。



ページの先頭へ



【恋愛心理学と女性心理の極み】は全記事リンクフリーですが、記事の無断転載には厳重に対処致します

トップページに戻る サイト目次 Kのプロフィール 無料メール講座 「恋極」 最短でモテるために