デートの誘い方/デート場所2

デートの段取り1

デートの誘い方/デート場所2

デートの誘い方/デート場所2では、より細かいデート法について解説していきます。

 

まず、デートにおいて重要なデートの段取りについて、解説しておきます。

 

「段取り」は、「物事の順序や方法を決めること」です。

 

デートの段取りが悪い男は、かなり女性の心理にマイナス評価になってしまいますし、デートの段取りのいい男は、大きなプラス評価になります。

 

段取りは、基本的に、上手くできていればできているほど、女性に好印象を与えます。

 

デートにおいて、いくら会話術が最高でも、段取りが悪いと、女性は高確率で冷めてしまいます。

 

特に、セックス狙いの日に段取りが悪いと、それまでに十分な関係が築けていても、高確率でセックスまでできません。

 

以下で、デートでの段取りにおいて、特に気を付けるべき点を解説していきます。

 

 

・デート場所

 

前もって、女性にどのくらい時間がとれるのか・いつまでに帰らないといけないのか、などを考慮して、どこに行くのか、を決めておきましょう。

 

また、複数の場所に行く場合は、どの場所にどのくらいの時間、滞在するのか、ということを把握しておきましょう。

 

そうすることで、上手くデートが運びます。

 

デート場所は、前もって決めておく場合と、そうでない場合があると思います。

 

混みそうな場所で、デートの時間割が大きく崩れそうなら、前もって予約することが大事です。

 

とくに、ホテルに行く際に、どのホテルも満室で、ホテルを探すのに時間がかかる、というのは最悪です。

 

その日に行けそうだったら、デートの隙間時間を使って、複数のホテルで空き室の状況を調べておいたり、予約を取っておいたりするべきです。

 

デート場所を前もって決めない場合は、ひとつ前のデート場所で、次の移動先にスムーズに移動できるように、女性を会話で誘導してくだい。

 

 

 

また、複数のデート場所を移動する場合は、デート場所ごとの役割を決めて、デートコースを決めると、デートがスムーズにいきます。

 

まず、カフェで待ち合わせして、雑談して、二人のノリをよくして、その後カラオケに移動し、ボディタッチからキスまでし、

 

その後、ホテルでセックスする、というような感じです。

 

全部一か所で済ませようとせずに、デート場所でする行為ごとに、適した場所というものがあるので、

 

それを考慮して、デート場所をどこにするか、どの順番にするか、ということを決めてください。

 

特に、ボディタッチやキスをする時には、女性はかなり周囲を気にするので、場所選びには注意を払ってください。

 

 

また、デートコースは、複数用意しておいてください。

 

天候に依存するデートなどでは、前もって雨の日用のデート場所で組んだデートプランを用意しておくことが大切です。

 

天候以外でも、状況に応じて、プランを変更できるようにすることが大切です。

 

例えば、上の例なら、カフェ→カラオケ→ホテル

 

という感じですが、

 

カラオケの時点で女性の反応から今日は無理そうだな、と感じたら、無理にホテルに行かずに、別のデート場所に行くべきです。

 

その際にもたつかないように、ダメな場合は次にダーツをしにいく、カラオケをちょっと延長して様子を見る、今日のところは関係の進展が臨めなさそうなので、

 

デートを早めに切り上げる方向にもっていくなどです。

 

その際に、代替案としていくデート場所をあらかじめチェックしておくことで、デートがスムーズに進み、女性を不快感を与えずに済みます。

 

逆に、上手くいけそうだったら、途中を端折って、カフェ→ホテルにする(これは上級者向けですが)などです。

 

こういう感じで、無理矢理一つのデートプランを押し通すのではなく、女性の反応に応じて、臨機応変に、計画を変化させれるようにしておきましょう。


デートの段取り2

・デート場所の位置関係

 

デート場所の位置関係を把握することは、移動をスムーズにするために必須です。

 

移動距離が長すぎないか、移動時間が長すぎないか、ということを考慮してください。

 

また、移動時間・移動手段は、デートにかかる時間を計算するのに重要です。

 

徒歩で移動するのか、自家用車で移動するのか、タクシーで移動するのか、などです。

 

車を使う場合は、デート場所の近くに駐車場はあるか、渋滞しないか、などもチェックしておくべきです。

 

 

そして、セックスを狙う日なら、ホテルと、その直前のデート場所の位置関係がかなり重要です。

 

まず、二つの位置関係が遠すぎないことが大事です。

 

セックス・トリガーで女性の性欲を刺激していても、ホテルに行くまでがもたつくと、女性の気持ちが冷めやすいです。

 

「やっぱ、今日はやめとこうかな・・・」となってしまうのです。

 

ホテルが遠い場合は、ムードが冷めないようにタクシーを使うのがベターです。

 

さらに、女性が電車で帰る予定なら、ホテルの直前の場所→ホテル→駅という位置関係がベストです。

 

ホテル→ホテルの直前の場所→駅、もしくは、ホテルの直前の場所→駅→ホテルだと、

 

駅から遠ざかる方向に移動するため、女性が不審に思ってしまい、ムードが崩れてしまう可能性が生じます。

 

こういう、ささいなポイントでも、女性がセックスをOKするかどうか、ということには大きく影響してくるので、注意してください。

 

 

 

・デートの開始時間

 

その日の目的に応じて、デートの開始時間を決める必要があります。

 

序盤のデートなのかどうか、宿泊せずにセックスするのかどうか、宿泊してセックスするのかどうか、

 

などによって、ベストな開始時間は異なります。

 

序盤のデートで、まだあまり親密でないならば、昼頃にランチやカフェなどにいく、

 

何度もセックスした関係なら、すぐにやれるように、夜遅くに待ち合わせするなどです。

 

デートの開始の時間が遅すぎると、女性が終電で帰れなくなってしまいますし、早すぎると、セックスする気分になりにくいことも考えられます。

 

そのような点も考慮して、デートの開始時間は決めてください。

デート時のマナー・上

デート時には、マナーを守ることが非常に大切です。

 

女性は、元々、全体を見る傾向があるので、男性よりも細かいところに気がつきやすいです。

 

その傾向は、デート時、特に初デート時に強く発揮されます。

 

女性は、初デート時には普段よりも注意深く男性の細かい言動を観察して、この男が付き合うのにアリか?ナシか?を判断しているのです。

 

身近な関係の女性とのデートでなければ、初デートでは、女性が初めて、1対1ではない、自分以外の人間に対するあなたの態度を見ることになります。

 

そこで女性は、この男が一緒にいて、周りから見られて、恥ずかしい男ではないかということを確かめるのです。

 

女性経験の少ない男性、デート経験の少ない男性は、デートする女性とのやりとりに気を取られて、全体的なマナーがおろそかになってしまいがちです。

 

 

以下、デート時のマナーで特に注意すべきことを列挙していきます。

 

当たり前だな、と感じる男性も多いでしょうが、このような、人として当たり前の優しさ・気遣いができるかどうかが恋愛においては大事なのです。

 

 

歩くスピードは女性に合わせて歩き、車道側を歩く

 

これは、基本マナーですが、できていないと女性からがっかりされると思います。

 

無意識に不快に思う女性も多いでしょう。

 

逆に、できていると女性心理に与える印象が良いです。

 

 

道に唾(つば)や痰(たん)を吐かない

 

やっている男性は本当に無意識にやっていますが、やめましょう。

 

我慢して、トイレに行ったときなどに行うようにしましょう。

 

たまに、この行為がカッコいいと思っている男性がいるようですが、女性でそう思う人はほとんどいません。

 

 

・店員にデカい態度を取らない

 

これも、カッコいいと思ってやっている男性がけっこういるようです。

 

強い男アピールのつもりでしょうが、これも、先ほどと同様に、これをカッコいいと思う女性は希です。

 

むしろ、ほとんどの女性が「小さい男」だと思うので、デカい態度を店員に対してとるのは止めましょう。

 

・トイレに行く時間をとってあげる

 

女性は、トイレに行きたくても、自分からは行きたいと言いにくいものです。

 

なので、あなたがトイレに行くと先に言ってあげて、自然と女性がトイレにいける時間を作ってあげましょう。

 

こういう気遣いができるのが、モテる男です。

 

・ソファー席に座らせてあげる

 

店によっては、壁際にソファーを、通り道側に椅子を配置している店があります。

 

そういう店で、女性を座りやすいソファー側に座らせてあげましょう。

 

このような店で、ソファー側にすぐに座っている男がいますが、あまり良いことではないです。

 

壁際の方が後ろを人が通らないので落ち着けたり、椅子自体がそもそも座りやすいので、

 

女性をソファー席に座らせることで、女性がリラックスしやすくなり、あなたに対する反応が良くなります。

 

これは、かなり簡単にできますが、やって損はないことなので、ぜひやってください。

 

その他、女性が座る時や、立って何かを待つ時には、女性が心地よく感じるように女性の位置をコントロールしましょう。

 

 

・荷物は適度に持ってあげる

 

女性の荷物は持ってあげると優しいと思われるというメリットがありますが、

 

いつもいつも持ってあげていると、それが女性心理にとって自然になってしまい、感謝されなくなります。

 

ですので、特に重そうなものは持ってあげる、といった感じで、適度に荷物を持ってあげるようにしましょう。

 

持とうか?と質問するのではなく、当然のことように手を差し出しながら、「持つよ」と言って持ってあげましょう。

 

 

以上がデート時のマナーのうち、特に気を付けて欲しいことです。

 

気を付けて欲しいのは、上記のことを、「当たり前のこととしてやっている」ように見せる、ということです。

 

女性にモテるためにやっていると思われてしまってはいけないので、上記のようなことを、やるのが当然の感じでやることで、

 

「他の男と違うと思わせる」ことができます。

デート時のマナー・下

他には、食事時のマナー、テーブルマナーにも気を付けてください。

 

食べ方が汚い方が好き、という女性は、非常に希です。

 

以下に、女性心理に特に快く思われないテーブルマナーにそぐわない行動を書いておきます。

 

 

・口を開けたまま物を噛んでくちゃくちゃ音を立てる

 

・液体をずるずると音を立てて食べる・飲む

 

・箸の持ち方が汚い

 

・ひじをついて食べる

 

・食器を音を大きく立てて置く

 

・食器同士をぶつけてカチャカチャ音を立てる

 

・食器を自分に近づけずに食べる

 

・食器に顔を近づけすぎて食べる

 

・おしぼりで口と手以外をふく

 

・おしぼりの汚れた部分を相手に見えるように置く

 

・調味料を自分のもの以外に勝手にかける

 

・取り箸を使わずに自分の箸で食べる

 

 

これらは、無意識に結構な男性がやっていて、男性同士ではあまり不快に思わないかもしれません。

 

しかし、上記のことをする女性はほとんどおらず、ほとんどの女性が上記のような行為をかなり不快に感じます。

 

テーブルマナーのミスは、長い間男性と交流がない男性ではけっこうやってしまいがちなミスで、

 

モテない男性は、このようなところに無頓着な場合が多いです。

 

あなたはどれか、当てはまっていませんでしたか?

 

また、テーブルマナーに関連して、食事のスピードも女性に合わせるようにしてください。

 

あなたが食べるのが早すぎると、女性が急いで食べなきゃ、とストレスを感じてしまいますし、遅すぎても、早く食べてよ、とストレスを感じさせてしまいます。

 

 

 

テーブルマナーが悪いことは、それまでの好印象を全て帳消しにするパワーを持っています。

 

オシャレでも、会話が上手くても、テーブルマナーが悪いと、女性によっては一瞬にして「この男は無し」という烙印を押されてしまうこともあります。

 

逆に、テーブルマナーがばっちりできていると、女性心理にかなりのプラス評価があります。

 

上記には特に私の観察上多いと判断したものを載せていますが、その他の細かい部分でも、テーブルマナーには本当に気を付けてください。

デートでの金銭問題について

女性とデートする際には金銭の問題はつきものです。

 

どの程度まで男性側が金を出すか、どこからは金を出さないか、といった問題についてです。

 

ここでは、女性心理に良い影響を与えるにはどのように金銭の支払いを行っていくべきかを回答します。

 

 

男性がお金を払うことにより、女性心理としてはプラスの感情とマイナスの感情同時に生じます。

 

女性心理に与えるプラス面が、おごってくれて心が広い・優しい、お金にこだわらない性格をしているなどです。

 

女性心理に与えるマイナス面は、私におごるなんて、私に気があるのね、と格下に思われてしまうこと、

 

お金を払わせてしまって申し訳ないと思われることです。

 

 

これらを踏まえて、取るべき方法は、女性におごる際に下心を見せずにおごる、ということです。

 

わざわざ「おごる」という言葉を口に出すのは、恩着せがましい感じがし、下心があることを女性心理に与えてしまう恐れがあります。

 

金を払う時に、「おごってあげるよ」みたいなセリフを言いつつおごるのではなく何も言わずに

 

席を立ったらすぐにレジに向かい、即座に会計を済ますなどして、相手に何も見返りを求めずにおごっている、おごるのが当然、という感じを与えるようにおごってください。

 

そうすれば、女性に格下に思われずに、心が広い男とプラス評価になります。

 

おごる際に、「私も払うよ」と女性が言ってきたら、「じゃ、今回は俺が払うから、次、多めに出してよ」

 

と言って、スマートに支払いを済ませてください。

 

おごらせるのが申し訳ないという意識から、「割り勘」にしたい、ということを女性が言って来たら、割り勘にしてもいいですが、

 

10円単位とか、1円単位とかの細かすぎる割り勘にはせずに、500円単位・1000円単位の支払いに女性がなるようにしてください。

 

 

また、女性におごってばかりでは金のねん出に困ると思います。

 

それを防ぐ方法としては、おごるルールを決める、という方法をとります。

 

例えば、何らかの施設で遊ぶ時に、入場料は女性に払ってもらうが、中での食事はおごる、という感じです。

 

このようにどこでおごり、どこで払ってもらうかのルールを決めることで支出を防ぎます。

 

これを申し出る際には、女性に正直にお金がきついことを言ったうえで、さらに~(特定のもの)はおごる、ということを言います。

 

そうすれば、女性心理に与える印象がそれほど悪くはならないでしょう。

 

ルールを守り続けるうちに、心理的に抵抗なく女性も金を支払ってくれるようになります。

 

一度おごるルールを決めたら、以後それはできるだけ変えないようにします。

 

ルールをころころ変えると、せこい男だと思われ、優柔不断な男だと思われてしまいます。

 

金銭に関するルールを早期に決めておき、それを守る、というのが大事です。

 

ラブホテル代については、基本的におごってあげる方が良いです。(特に初セックスの時は)

 

その他、誕生日や、二人の記念日などはおごってあげた方がベターです。

 

 

また、あなたが、金持ちそうな職業についていたり、金持ちそうな外見をしているなら、おごるのがベターです。

 

職業が医者や社長だったり、かなりの年上だったり、ブランド品を身にまとっている、高級な腕時計をしているのに、おごらなかったり、割り勘にしたりすると、ケチだと思われて評価が下がります。

 

金を使いたくないなら、職業を伏せたり偽ったり、外見を大人しめにしたり、年齢を若く偽ったりするなどの工夫も考慮してください。



ページの先頭へ



【恋愛心理学と女性心理の極み】は全記事リンクフリーですが、記事の無断転載には厳重に対処致します

トップページに戻る サイト目次 Kのプロフィール 無料メール講座 「恋極」 最短でモテるために