モテるメールテクニック(リアル)

モテるメールテクニック(リアル) 最初のメール内容

モテるメールテクニック(リアル)

最初に送るメールにおけるモテるメールテクニックについて、解説していきます。

 

友人の紹介や、合コン、パーティーなど、何らかのリアルの形で知り合った女性と、メールアドレスを交換してからの、最初のメール内容についてです。

 

最初のメール内容で、女性は男のレベルを判断します。

 

特に、外見の良い女性ほど、たくさんの男からメールでアプローチされているので、基準もシビアです。

 

他の男と同じようなありふれた内容のメールを送ろうものなら、すぐに無視されます。

 

そのため、最初のメールには特有のモテるメールテクニックが必要とされるのです。

 

 

多くの男が、なぜか一通目のメールで「デートへの誘い」メールをしてしまいます。

 

モテる男のマインド」の、「女はからし」、の言葉を思い出してください。

 

最初から誘ってはだめなのです。

 

「よほどモテない男なのね」

 

と女性に思われてしまうのが関の山です。

 

決していきなり誘いのメールを送らないようにしてください。

 

多くのモテない男は、メールアドレス交換した後なぜかすぐに女性に会おうとしますが、それは相手との信頼関係がある程度築かれた後で行うことです。

 

最初のメールで最も気を付けるべきことは、女性が「返信しやすいようにすること」です。

 

以下にそのようにするためのモテるメールテクニックを解説します。

 

・自分であることが分かる内容にする

 

・初めて会話した時の内容を盛り込む

 

・疑問形で終わる

 

 

「自分であることが分かる内容にする」についてですが、初期段階では名前と顔が一致していないことが多いです。

 

とくに、パーティーなどの交流会のような場での出会いは、女性側は多数の男とアドレス交換しており、自分の顔と名前が一致していないことがよくあります。

 

そのため、メールの差出人が自分であることが分かるようにしてください。

 

また、必ず「初めて会話した時の内容を盛り込む」ようにしてください。

 

それにより、女性もより思い出しやすくなります。

 

 

「疑問形で終わる」についてですが、疑問形で終わることで、女性から返信が来る確率が上がります。

 

疑問形で終わるということは、良く知られるモテるメールテクニックですが、初めのメールでは特に重要です。

 

初めて会って話した時に盛り上がった話について質問を投げかけてください。

 

もちろん、疑問形は疑問形でも、「いつ暇?」などの誘いメールは決して送ってはいけません。

 

 

最初のメールでは、以上の工夫に加えて、次に紹介するメールの送信タイミングのモテるメールテクニックを守ってメールを送ってください。

 

これで、女性から最初のメールを無視される危険性は大幅に低下するでしょう。


モテるメールテクニック(リアル) 最初の送信タイミング

リアルで出会った女性に最初に送るメールの送信タイミングについても大切です。

 

ここでは、送信タイミングについてのモテるメールテクニックを解説しましょう、

 

身近にいる女性ではなく、何らかのイベントで出会った女性に初めてのメールを送る場合は、特別なコツが必要になります。

 

合コン、クラブ、パーティーなどの複数の人間の交流の場で、女性のアドレスをゲットした場合などです。

 

このような場合に初めてのメールを送る際には、特に気を付けなければならないことがあります。

 

 

それは、メールアドレスをゲットした翌日もしくはある程度時間を空けてから女性にメールを送る、ということです。

 

先に挙げたような、複数の人間が出会う場では、女性のアドレスをゲットした男が複数いる可能性があります。

 

そのような女性に対して、当日にすぐにメールを送ってはいけません。

 

ほとんどの男が、女性のアドレスをゲットした際、興奮しているのか分かりませんが、当日イベントが終わった後すぐにメールを送ってしまうからです。

 

その結果、女性にはメールが一気に多数の男から同じ時間帯に届くことになってしまいます。

 

女性は、そんなにたくさんのメールをいちいち全部見てくれないので、あなたのメールが見落とされる危険性が高いです。

 

また、大半の男が誘いメールばかり送ってくるので、女性はうんざりした心理状態になり、そのメール群の男たちを皆すぐ誘ってくる馬鹿な男たちとみなしてしまいます。

 

しかし、翌日や時間が経ってからにメールを送れば、そのメールに女性の目が留まる可能性が高くなります。

 

また、すぐにメールを送らないことで、女にがっついていない、余裕のある男だという印象を与えることができます。

 

 

もちろん、少人数の男女の出会いの場合で、他の男たちからのメールが考えにくい場合や、当日かなり盛り上がって、脈アリといった場合なら、すぐにメールを送っても良いです。

 

しかし、基本的には翌日もしくは時間が経ってからメールを送る、というモテるメールテクニックを推奨します。

 

 

メールを送る時間帯についてのモテるメールテクニックですが、基本的に昼ごろが良いです。

 

メールを送る女性の条件から判断して、昼食を取っているであろう時間帯にメールを送ります。

 

昼ごろなら、比較的忙しくない状況である可能性が高いので、メールを見落とされる可能性が低くなるでしょう。

 

また、女性の職業に応じて忙しい時間帯と忙しくない時間帯があるので、それも考慮する必要があります。

 

可能なら、女性との会話から、女性の一週間で暇な曜日、暇な時間などをさりげなく探り、その時間帯にメールするというのが効果的なモテるメールテクニックです。

 

独りよがりな欲求で行動するのではなく、女性の心理や、女性の状況を考えてメールを送ることが大事です。

 

以上の送信タイミングのモテるメールテクニックで、他の男に大きな差をつけることができます。

メールを無視する女性心理

ここでは、メールを無視する女性心理について、解説していきます。

 

これまで、リアルでの出会いの場合のモテるメールテクニックを解説してきました。

 

リアルでメールアドレスを交換した際に、いかにして返信率を上げるか?ということを目的とした心理学に基づいたモテるメールテクニックを紹介してきました。

 

しかし、大事なのは、モテるメールテクニックではなく、始めてあった時にあなたが女性心理に与えた印象です。

 

なぜ、メールを無視されるのか?

 

この問いに対する答えは単純で、女性があなたと会話した時に、あなたに興味を感じ無かった、ということです。

 

初対面の時に女性に興味を持ってもらえていないのに、それをモテるメールテクニックで挽回することはほぼ不可能です。

 

ですから、モテるメールテクニック以前に、初対面の時にいかに会話を盛り上げて女性に印象づけるかが大事なのです。

 

初対面の時の会話で興味を与えられなかったから、あなたのメールが無視されるのです。

 

そのための恋愛心理学に基づいたテクニックは、女性に「モテる会話術」で解説しているので、そちらをご覧ください。

 

 

そして、初対面で話した時に盛り上がった話題に関連したことについて、女性にメールを打つのです。

 

なぜなら、初対面の時に話した話題だけが、二人の間の共通事項だからです。

 

女性とできた共通の話題のうち、盛り上がった話題についてメールを打つことが、最も女性心理を動かせる可能性が高いのです。

 

それ以外の話題をメールで振って、女性心理を動かせる確率はかなり低いです。

 

いきなり新たなテーマの話題を振って、それが女性にヒットする確率は非常に低いです。

 

モテるメールテクニック(リアル)でここまで解説していきたモテるメールテクニックを使ってもなお、女性からメールが無視されるなら、

 

その原因はモテるメールテクニックというよりも、初対面の時の会話に問題がある場合がほとんどです。

 

リアルでの出会いのモテるメールテクニックは、あくまでも女性の返信率を上げるためのもので、事前に会話を盛り上げることができていないと、効果がありません。

 

繰り返しになりますが、リアルでの出会いにおいては、

 

モテるメールテクニック以前に、初対面の時にいかに会話を盛り上げて女性に興味を持ってもらうかが大事なのです。

 

モテるメールテクニックで女性からの好意のレベルを大きく上げることは難しいですから。

 

このことを良く覚えておいて、総合的な力を伸ばしていってください。



ページの先頭へ



【恋愛心理学と女性心理の極み】は全記事リンクフリーですが、記事の無断転載には厳重に対処致します

トップページに戻る サイト目次 Kのプロフィール 無料メール講座 「恋極」 最短でモテるために