メールアドレスを訊かない方が良い場合

メールアドレスを訊かない方が良い場合

モテるメールテクニックとして、

 

メールアドレスを訊かない方が良い場合

 

があります。

 

それは、

 

「女性の連絡先を知らずとも会える場合」

 

です。

 

同じ職場や、同じサークルであったり、共通のグループで会える、と言った場合には、無理に連絡先を訊かない方が良いです。

 

多くのモテない男は、無理にでも連絡先を訊こうとしますが、こういう場合には、訊かないことにより、

 

「余裕のあるモテる男」

 

をアピールをすることができます。

 

 

「この人、何で私の連絡先訊いてこないの?」

 

女性の心理に思わせることができるのです。

 

無理に連絡先を訊き出そうとする行為は、

 

「この人、私と連絡をとる気なのね」→「私に気があるのね」

 

となり、「がっついている男」と思われてしまうのです。

 

もちろん、連絡先をゲットしなければ、二度と会う事ができない、という状況なら、女性にこう思われる可能性があっても、

 

連絡先を訊き出さなければならないのですが、そうでない場合なら、まずは連絡先を訊かずに済ませることで、女性の優位に立てます。

 

 

一つ、注意点としては、彼女の身の周りに、「手の早いモテる男」がいる場合には、早めに訊き出した方が良いことがあります。

 

そのような男がいると、すぐにターゲットの女性がデートに誘われて仲良くなってしまうからです。

 

そういう状況以外の、「女性の連絡先を知らずとも会える場合」には、

 

がっつかず、連絡先を訊かずに放置しておくのが効果的です。

 

このモテるメールテクニックを、頭の片隅に入れておいてください。

 

もちろん、初めて会った時から、その女性にモテる会話術を使って仲良くなるのをスタートさせることが大前提ですよ。

 

連絡先を訊かずに、何回か会って仲良くなった後で初めて、一緒に出かける約束をし、その細かい調節の連絡のために連絡先を訊く、というのがベストです。

 

間違っても、連絡先を訊いて、直接会わない時に仲良くなろうとはしないでください。

 

女性に「私を狙っているのかも・・・!」と思わせないのは、本当に重要です。

 

もちろん、連絡先を訊かないともう会えない、と言う場合は、必ず訊くようにしてください。

 

その際はもちろん、モテるメールテクニック/恋愛に書いているように、

 

「アドレスを交換する理由を先に作ってから、アドレスを交換する」

 

ことを忘れないようにしてください。



ページの先頭へ



【恋愛心理学と女性心理の極み】は全記事リンクフリーですが、記事の無断転載には厳重に対処致します

メールアドレスを訊かない方が良い場合関連ページ

モテるメールテクニック(ネット)
ネット上で女性とメールする際に効果的な心理学に基づいたメールテクニックを詳しく解説。通常のメールテクニックに加えて、ネットに特化したメールテクニックをマスターしましょう。
モテるメールテクニック(リアル)
心理学に基づいた効果的なメールテクニックを紹介。リアルで出会った女性に対して心理学的に効果的なメールテクニックを詳しく解説。
メールだけで女を落とす?
メールだけで女を落とす、というのは良く聴かれる言葉ですが、果たして本当に可能なのでしょうか?メールテクニックを使う上での注意点について。

トップページに戻る サイト目次 Kのプロフィール 無料メール講座 「恋極」 最短でモテるために