セックス・トリガー(タッチ)

セックス・トリガー(ボディタッチ)

ボディタッチ、セックス誘導

ここでは、セックス・トリガーに引き続き、ボディタッチを用いたセックス・トリガーを紹介したいと思います。

 

ボディタッチや、キスなどの相手と直接接触することによるセックス・トリガーを紹介していきます。

 

大事なのは、タッチを用いないセックス・トリガーでもある程度親密になってから、程度タッチによるセックス・トリガーを用いる、ということです。

 

ボディタッチは、あなたを女性に男として意識させるために非常に重要です。

 

別に、ボディタッチは、正式に付き合ってからしなければならない、ということではなくて、

 

正式に付き合う前から、ボディタッチを上手にやることで、女性と親密になるスピードを早めることができるようになります。

 

 

しかし、間違った方法でボディタッチをやってしまうと、例えば、会話もそこそこに、いきなりボディタッチをしたりすると、ただのセクハラになってしまいます。

 

ボディタッチによる発情は、上手く行けば女性をSEXしたくてたまらない状態にまで持っていくことができますが、いきなりやることは危険です。

 

まだ仲良くなっていないうちに、女性との物理的な距離を近づけ、ボディタッチをしてはいけません。

 

これは、モテない男にありがちなミスです。

 

必ず順序を守ってから、ボディタッチに持ち込むようにして下さい。

 

そして、全てのセックス・トリガーは、女性の反応を見ながら行うようにしてください。

 

くれぐれも、女性とエロい話をするのに夢中になったり、ボディタッチするのに夢中になったりして、女性が嫌がるサインを見落とさないようにしてください。

 

女性の反応が良くないようなら、すぐに今やっているセックス・トリガーを使うのをやめて、

 

もう少し会話で打ち解けてから、適度に時間をおいてから、ハードルが低めのセックス・トリガーから、やり直してください。

 

 

また、ボディタッチを行う場合には、個室で隣合うことができるタイプの場所で行いましょう。

 

周りに人がいると、タッチOKと女性が思っていても、周囲の目が気になって女性にタッチが拒まれることがあり、存分に触ることができませんし、

 

隣合うことができないと、ボディタッチしにくいです。


女性へのボディタッチの仕方1

ボディタッチをする際には、絶対にいきなり触らないで下さい。

 

無言で触ったりしては、怖がられてしまいます。

 

必ず、直接的でない理由を言ってからボディタッチをして下さい。

 

モテない男は、何も理由を言わずにいきなり触ったりしがちですが、これはいけません。

 

女性心理として、非常に怖いです。

 

勝手にいいムードになったと思い込んで、黙って手を握ったり、腰に手を回したりする男がいますが、かなり危険です。

 

二人の関係がかなり進んでいる状態なら、そのようなボディタッチでも大丈夫ですが、失敗するとセックスのチャンスを失ってしまいます。

 

触る際には、理由を言ってから、さも触るのが当然であるかのように触りましょう。

 

決して、無言で触ったり、いやらしい感じで触ったりしてはいけません。

 

さりげなく、がっつかず、自然な感じで触りましょう。このことは、かなり重要です。

 

理由→ボディタッチの例を挙げてみましょう。

 

 

直接体について指摘してさわる方法

 

 

・「髪、サラサラだね」→頭をなでる

 

・「髪、綺麗だね」→頭をなでる

 

・「髪形かわいいね」→頭をなでる

 

・「肌白いね」→肌を触る

 

・「肌きれいだね」→肌を触る

 

・「腕細いね」→腕をつかむ

 

・「足細いね」→足を触る

 

・「ウエスト細いね」→腰に手をまわす

 

・「指、綺麗だね」→指(手)触る

 

・「そのネイル、かわいいね」→言いつつ、指(手)に引き寄せ、ネイルを見るふりをする

 

・「意外と筋肉あるんだね」→腹筋、二の腕、ふくらはぎなどを触る

 

 

アクセサリに着目して、アクセサリーを指摘してから相手に触れる方法

 

 

・「そのピアス、かわいいね」→耳たぶをさわる

 

・「そのブレスレット、オシャレだね」→腕を片方の手で引き寄せ、ブレスレット見るしぐさをする

 

・「その指輪、良いデザインだね」→指(手)を触る

 

 

などなど、様々な形で、理由づけをしてください。

 

これらの理由づけをしながらボディタッチをするようにすれば、自然にボディタッチを行うことが可能になると思います。

女性へのボディタッチの仕方2

ボディタッチをするだけでなく、女性にボディタッチさせることも効果が高いです。

 

筋肉がついている男性なら、その筋肉に触らせることによっても女性は興奮します。

 

女性にとっての男の筋肉は、男にとっての胸やヒップ、腰のくびれなどと同様に性欲を刺激するものなのです。

 

大胸筋や、広背筋、三角筋などの筋肉が、女性に人気の筋肉です。

 

女性は、筋肉という自分にはないものに男らしさを感じ、ムラムラしてくるのです。

 

普段から筋肉トレーニングを行い、性的魅力をアップさせましょう。

 

大胸筋や腹筋は普段は見えませんが、腕の筋肉は自然に見せることができる筋肉ですので、ぜひ鍛えて下さい。

 

筋肉を鍛えておくと、女性に触られる確率もアップするので、筋肉(モテる体作り)を参考にして筋トレをしてください。

 

 

ボディタッチは、相手が触ってきたら触り返し、相手に触ったら触り返すようにすると良いです。

 

筋肉あるね(女性)→(軽いノリで)いや、~ちゃんも結構あるじゃん(あなた)

 

のような感じでボディタッチし返せば良いです。

 

繰り返しますが、決して興奮してハアハア言いながら触るなどといったことが無いようにしてください。

 

あくまでさりげなく、触って当然といった感じて触って下さい。

 

 

脈ありかどうか確かめるのに有効なのが、「手つなぎ」です。

 

手をつないだ時に、女性が握り返してきたらかなり好感を持たれています。

 

手をつなぐタイミングはそれほど明確なタイミングがあるわけではないですが、

 

手をつなぐ時には、

 

道を歩いている時に、手を握って誘導し、そのまま握っている、という方法が普通だと思います。

 

または、何らかの理由を付けて、手をつないでください。

 

例えば、

 

「緊張するから、手つながない?」

 

「寒いから、手つなごう」

 

とかです。

 

おそるおそる言うのではなくて、さも、当たり前の提案かのように言うことが大切です。

 

 

ボディタッチを徐々に繰り返し、太ももや、胸のあたりなどをタッチしても嫌がっていない様子なら、かなりの確率でヤレます。

 

これらの部位は、直接的にセックスを意識させる部位ですので、このあたりを触っても嫌がらないようなら、セックスは目前です。

 

ボディタッチをする際には、性的な意味を持つ度合いが低いところから触っていくのが原則です。

 

最初にふとももを触って、次に手をつなぐ、などはダメ、ということです。

キスについて

次のセックス・トリガーは、キスです。

 

ボディタッチをある程度できる関係になったら、キスをしましょう。

 

キスは、男性はあまり重要視していないかもしれませんが、セックスのために非常に重要な行為です。

 

女性のくちびるは、良く性器と同じだと言われますよね。

 

相手がキスを嫌がっているかどうかを判断する、良い方法をお教えしましょう。

 

あくまでも、良い雰囲気になっていて、キスできそうな状況だと判断できた、という前提ですよ。

 

 

・まず、相手のくちびるを無言で見つめます。(2、3秒)

 

・次に、相手の目を見ます。

 

 

これで、簡単い相手がキスを嫌がっているかどうか、判断することができます。

 

良い雰囲気の時に、くちびるをじっと見つめられると、女性は「あっ、キスされるかもしれない」と必ず思います。

 

この状態で、相手の目を見ることで、キスOKなのか、そうでないのかが簡単に分かります。

 

目をそらしたり、嫌そうな表情をしていたら時期尚早だったということです。

 

そのような場合は、何事もなかったかのように振る舞い、キスよりも前の段階のセックス・トリガーにさかのぼりましょう。

 

駄目そうな時に使えるのが、「今、キスされると思ったでしょ?(笑)」

 

と言って、からかって煙にまく方法です。

 

キスして良いかどうかの判断を誤った時は、使ってみてください。

 

嫌そうな表情をしていなくて、キスOKな感じだったら、もう迷いなくキスをすることができます。

 

 

「セックスはキスに始まり、キスに終わる」という言葉があるように(最初に誰が言ったのか分かりませんが)女性は、キスによって興奮します。

 

ここで良いキスを成功させ、女性を興奮させればもうセックスは目前です。

 

キスを丁寧にしてあげると、女性は愛されていると心理的に感じます。

 

キスの仕方には、ヴァリエーションをつけ、単調にならないようにしましょう。

 

 

軽く唇が触れるくらいのキス(フレンチキス)

 

音とわざと立てるキス(サウンドキス)

 

舌をからませるキス(ディープキス)

 

舌を素早く出し入れするキス

 

相手の唇や舌を吸いこむようにするキス(バキュームキス、スロートキス)

 

などがあります。

 

これらのキスを使い分けて、女性を興奮させていきましょう。

 

また、キスをした後に、無言だと気まずいので、

 

「唇、やわらかいね」

 

とキスの感想を言ったり、

 

「顔、真っ赤だよ」

 

相手の表情や反応を指摘したりしてください。

 

こうすることで、気まずい雰囲気を緩和できますし、女性をより興奮させることもできます。

 

ちなみに、「顔、真っ赤だよ」というセリフは、実際にはそうなってなくても、言うことで女性を恥ずかしがらせることができます。

 

 

本格的にセックスする前、ホテルに行く前までにセックストリガーの「キス」まで終わらせておくのが、

 

最もセックスできる確率が高いので、キスまですることを目標にしましょう。

 

ディープキスまでしておくと、ほぼ確実にセックスまでいけると思います。

 

逆に、キスまでせずに、ホテルに連れ込もうとすると、失敗する確率が高いです。

 

女性心理にとって、「キス」するかどうかが、かなりセックスするかどうかを左右する、ということは頭に入れておいてください。

 

キスまでできて、上手いキスをすることができれば、かなり高い確実でセックスできます。

 

ホテルへ誘うための会話術は女性にモテる会話術(状況別)で解説しています。

 

セックス・トリガーで十分に女性の性欲を高めたら、次はいよいよセックスですね。

 

セックステクニックを学んで、女性を最高の快感を与えてあげましょう。



ページの先頭へ



【恋愛心理学と女性心理の極み】は全記事リンクフリーですが、記事の無断転載には厳重に対処致します

トップページに戻る サイト目次 Kのプロフィール 無料メール講座 「恋極」 最短でモテるために