セックス,セックステクニック,セックスの方法

セックステクニック・セックスのやり方の重要性

「セックステクニック」では、セックステクニックおよびセックスのやり方・セックスの方法などセックスに関連した事項について解説していきます。

 

セックスは男女関係を良好に保つ上で非常に重要です。

 

女性と結婚したり、彼女として付き合って行ったり、セックスフレンドとしてキープして行くなら、セックステクニックは必要不可欠と言っても過言ではありません。

 

 

ぶっちゃけた話、その他の恋愛心理学のテクニックなどが多少下手でも、セックスのやり方が上手ければ恋愛関係は良好に続けられます。

 

女性は男性の何倍も快感が大きい、というのは有名な話ですね。

 

それなら、セックステクニックがあるだけで女性が離れていかないのも納得できることだと思います。

 

セックス方法が下手だと、女性に意識の上で嫌われる可能性ももちろんありますし、無意識で嫌われる原因になりも得ます。

 

どことなく彼女との関係がよそよそしくなってきた、ということの原因が、セックスのやり方が下手であるということもよくあるのです。

 

離婚の原因でも、夫のセックスのやり方が下手であることや、セックスレスであることが隠れた原因であることが実はかなり多いのです。

 

結婚したら、互いに他の相手と(普通は)セックスできないのですから、当然ですね。

 

このように、セックステクニックは恋愛関係が良好に長続きするための秘訣と言えます。

 

また、女性は、セックスをした男をより好きになる傾向が強いので、セックスを早めにやっておくと、女性をキープするのがかなり楽になります。

 

特に、上手いセックスなら、なおさらです。

 

恋愛心理学だけでなく、セックステクニックもしっかりと身に着ける必要があるのです。

 

 

 

 

今現在、セックスする相手がいない、という方でも、セックステクニックについては学んでおいてください。

 

例え今、彼女やセックスフレンドがいなくても、いつチャンスが突然訪れるか分かりません。

 

急速に仲が発展して、思いもよらないタイミングでセックスに至ることもあるものです。

 

そのようなチャンスを下手なセックスのやり方で台無しにしないためにも、セックステクニックについての知識はある程度は頭に入れておくべきです。

 

経験が少ない人でも、前もって、セックステクニックについて知っておけば、チャンスの時に焦らずに済みます。

 

 

セックスが上手くて損になるということはないので、積極的にセックステクニックは磨いていってください。

 

セックステクニックの上達には、慣れが必要なので、セックスの時には【恋愛心理学と女性心理の極み】で学んだ内容を意識しながらセックスを繰り返して、

 

上手いセックスの方法を身につけていってください。


セックステクニック 前戯・愛撫の方法

まず、挿入前までの前戯・愛撫についてのセックステクニックを解説していきます。

 

セックステクニック全体としての方針のようなものを書いていきます。

 

基本的に、セックス・トリガー(タッチ)と同様に徐々にエロい行為に及んでいく、というようにしていきます。

 

いきなり脱がせる前に、服の上から胸を揉んだり、お尻をさすったりしてから、脱がしていきましょう。

 

前戯や愛撫しながら服を脱がしていく時には、基本的に自分も脱ぎつつ脱がしてきす。

 

セックスのやり方に慣れていない男性は、女性だけを脱がしていってしまいがちです。

 

自分だけが服を着たままで女性だけが裸になっていくというのは不自然ですし、相手もその方が恥ずかしくないでしょう。

 

 

セックステクニックで重要な点は、同時攻めです。

 

女性をイカせるのに効果的なのは、複数の箇所を同時に攻めるセックスのやり方です。

 

口ではディープキスをしながら、左手では乳首をソフトタッチで愛撫し、右手ではクリトリスをもてあそび、ペニスは挿入した状態でこすりつける、

 

というような感じです。

 

同時に複数の場所の攻めることで、女性は軽いパニック状態になり、イキやすくなります。

 

口、手、ペニスなどのそれぞれのセックステクニックを磨くのも大切ですが、同時攻めは効果的なので、積極的にしていってください。

 

それぞれの部位をどのように攻めるかだけでなく、どこと、どこを同時に攻めるか?ということも意識していくと、セックステクニックのヴァリエーションがどんどん増えていきます。

 

 

肌に対する前戯の手つきとしては、相手の肌に触れるか触れないかぐらいのソフトタッチをするようにしてください。

 

触れているか触れていないかの、くすぐったく感じるような触り方がセックステクニックの基盤となる方法です。

 

このソフトタッチは、常に心がけてください。

 

基本的ですが、非常に重要なセックステクニックです。

 

 

舌を使って肌の性感帯を刺激する際の注意点は、舌先を使い、唾液は付けないようにする、ということです。

 

これはキスのやり方も同様で、唾液を出し過ぎないようにすることが大切です。

 

舌の腹を使ってべっとりなめる、というのは不快に感じる女性がほとんどです。

 

唾液をたくさんつけると、時間が立つと臭いますし、表面の感触も悪くなり、女性心理にとって心地良いものではありません。

 

以上のことを避けるためにも、舌先をメインに使うようにしましょう。

 

舌先を使うと、より精密な愛撫が可能になり、女性も感じやすいです。

 

 

 

前戯のセックステクニックの基本方針としては、徐々に敏感な部位を攻めていく、というものがあります。

 

例えば、性器の愛撫であれば、最初からいきなり感度の高いクリトリスを刺激してはいけません。

 

膣の周りの大陰唇や小陰唇を愛撫した後に、膣を、そしてクリトリス、といった順番です。

 

胸であれば、乳首にいきなり行く前に、乳輪をソフトタッチでタッチしてじらしてから、乳首へ向かう、といった具合です。

 

また、先ほど述べた同時攻めについても、徐々に同時攻めする数を増やしていくというのが基本です。

 

 

セックスのやり方として、「じらす」ことは重要な方法です。

 

心理学的に、女性に限らず、人間というものは「待つ」ことに快感を感じます。

 

これは心理学的に日本人に特に強い傾向とされます。

 

何らかの商品の「発売日」を待つ時や、ライブ会場でライブの開始を待っている時など、「待つ」ことに喜びを感じるのです。

 

そして、いづれ訪れる楽しい一時が、「待つ」という行為によって何倍にも楽しいものとなるのです。

 

セックスにおいては、「じらす」という精神を常に忘れないで下さい。

 

感度の低い方から順に刺激していくことで、その間に感度の高い部位へに刺激に対する期待が高まり、より大きな快感をもたらすのです。

 

その他にも、膣の周辺を愛撫して、もうすぐ挿入する、というような素振りを見せてから、あえて挿入せずに、

 

膣口の周囲にペニスをこすりつけてじらす、などが効果的です。

 

「じらす」というのはかなり効果的なセックステクニックですので、

 

様々なセックスの状況で、使うよう心掛けてください。

 

たいていの男が自分の欲求のままにセックスするので、このようなじらすセックステクニックを使えば、女性心理に他の男と違うと思わせることができます。

部位別の愛撫方法 クリトリス~Gスポット

ここではセックステクニックについて間違いがちなクリトリスとGスポットの愛撫法について解説します。

 

これらは有名な性感帯ですが、正しい方法を知らない人が多いと思うので丁寧に解説したいと思います。

 

 

・クリトリス

 

クリトリスは、非常に敏感で感じやすい部位で、女性に大きな快楽を与えてあげることができます。

 

クリトリスは女性によってあまり当たりはずれのない性感帯です。

 

膣内などその他の未開発の部位では、痛すぎたり、感じなかったりすることがありますが、クリトリスは無難に反応が良いです。

 

しかし、決して力強く愛撫しては決していけません。

 

たいていの女性でクリトリスは普段は皮で覆われており、刺激に非常に敏感なのです。

 

ソフトタッチよりもさらにソフトに、丁寧に愛撫してあげましょう。

 

クリトリスを愛撫する時には、きちんと皮を剥いてあげてください。

 

そうしないと、刺激が十分に伝わりません。
※女性によっては、痛がるので剥かない方が良い場合もあります。

 

クリトリスは、皮をきちんと剥いて優しく愛撫してあげましょう。

 

皮を剥くには、クリトリスのすぐ上の皮膚をへそ側に押し上げるようにして剥きます。

 

それでも剥けない時は、クリトリスの両脇を指で挟んで、少し指を開きつつ、へそ側に押し上げるようにすると上手くいくと思います。

 

クリトリスの皮のかぶさり具合は女性によって異なるので、そのような場合は臨機応変に対応しましょう。

 

クリトリスは、指の腹で押したり回したり、指の側面で挟んでネジったりして、女性が喜ぶ方法を見つけましょう。

 

クリトリスは、開発が進んでいない女性でも、どの女性も反応が良いので、その操作方法はセックステクニックとして、優先して身に着けておくべきです。

 

 

・Gスポット

 

Gスポットは、場所を間違いやすいので、気を付けてください。

 

Gスポットは、人差し指や中指を手のひらを上にして根本まで膣に入れて、指の第2間接から指を大きく曲げて当たる部位にあります。

 

Gスポットは膣壁そのものにあるのではありません。

 

膣は、力により形状を柔軟に変化させます。

 

先ほど述べたように指を曲げて、膣を大きく形状変化させて当たる部位にあるのです。

 

Gスポットは、以上に述べた位置にありますが、女性によって場所は異なるので、パートナーのGスポットをきちんと探してあげてください。

 

Gスポットの愛撫法もクリトリスと同じように押す方法がメインで、押す強さ、押す時間間隔、押す場所を変えながら、女性が喜ぶ方法を見つけましょう。

 

ちなみに、GスポットのGは、Gスポットを発見したドイツの医師、Gräfenberg(グレーフェンベルク)のGからとられました。

セックステクニック 膣の扱い方

続いて膣の扱い方についてのセックステクニックを解説していきます。

 

セックスのやり方として、全体を通して大事なことは、女性を痛がらせないようにすることです。

 

いきなり挿入すると痛みを感じることがあるので、挿入前には必ず指や舌で愛撫してあげましょう。

 

濡れていない状況だと、女性は痛みを感じやすく、愛撫によって痛がらせてしまうことになってしまいます。

 

痛みを感じさせて、恐怖心を植えつけてしまうと、女性はその後のセックスにも抵抗感を覚えることがあります。

 

もし濡れていないようであれば、他の部位を愛撫するなどして、きちんと濡らしてから女性器の愛撫を始めてください。

 

また、女性がセックスが初めての処女の場合や、あまり慣れていない場合は、濡れないことがしばしばあるので、オイルやローションなどを用意しておくのがベターです。

 

特に、処女の場合は初めてのセックスで痛がらせてしまうと、セックスが痛いものと頭に刷り込まれ、以降のセックスに消極的になってしまうので、特に注意してください。

 

これは、セックステクニック以前の問題ですが、非常に重要です。

 

少しずつ膣を広げながら、濡れてきたらさらに少しずつ指を奥まで入れる、ということを繰り返して、少しずつ侵入していきましょう。

 

なお、膣を傷つけないよう、必ず指の爪はきちんと切っておきましょう。

 

 

 

膣を指や舌で愛撫する際は、「こする」のではなく、「押す」ということを意識してください。

 

AVなどではよく、指や舌を激しく動かして女性器をこするセックスのやり方ですが、これはいけません。

 

膣はその入り口付近でしか摩擦を感じることができませんが、圧力には敏感です。

 

ですので、膣を指や舌で押すことによって、女性に快楽を与えてあげましょう。

 

どの部位を、それくらいの圧力で、どのようなリズムで「押す」がということを意識しながらセックスを行うようにしましょう。

 

 

挿入時のセックステクニックについても同様です。

 

男性は、自分のペニスが摩擦されて刺激を感じるので、女性も摩擦するのが気持ち良いと感じがちですが、女性は膣の入り口辺りでしか摩擦は感じることができないため、快感が小さいのです。

 

ですから、アダルトビデオのような激しくペニスをこすりつけるセックステクニックは効果が薄いのです。

 

一方、ペニスの先の亀頭や竿の部分で女性器を押すことは、膣内全体に心地よい刺激を与えることができるので、効果的なのです。

 

これは基本的で重要なセックステクニックですので、良く覚えておいてください。

 

セックス時の挿入方法については、ペニスでどの部位を、どれくらいの圧力で、どのようなリズムで「押す」かが大切なのです。

 

セックスパートナーが喜ぶような方法を見つけてあげましょう。

セックステクニック セックスの体位

セックス時の体位におけるセックステクニックや、方法について解説していきます。

 

まず、主なセックス時の体位について解説します。

 

 

正常位

 

正常位は、女性が仰向けになり、互いに対面しあって行うセックスの体位です。

 

この体位の特徴としては、互いに顔を見ながらセックスできる、キスをしながら挿入できる、愛撫がしやすいなど、

 

セックステクニックを使いやすい、というメリットがあります。

 

また、女性側にとっても、顔を見ながらセックスできるので、安心感があり、ポピュラーな高いセックス時の体位です。

 

同一女性との最初のセックスは、正常位をメインににした方が良いでしょう。

 

 

騎乗位

 

騎乗位は男性が仰向けになって、女性に上から乗ってもらうセックスの体位です。

 

この体位では、性器をたがいにこすり付けやすく、快感を得やすいです。

 

男性側にとっては、胸のゆれを堪能できる体位と言えます。

 

他の多くの体位と違い、女性が上に載るため体重がかからず女性側は楽です。

 

 

後背位

 

女性が四つんばいになって、ひじをつき、男性が後ろから挿入するセックスの体位です。

 

通常、「バック」と言われます。

 

後背位では、女性は肛門や性器を男性にさらけ出す形になります。

 

ですので、恥ずかくてイヤ、という女性もいるので注意が必要です。

 

ある程度セックスを重ねてきた間柄なら、興奮して良いと思います。

 

嫌がっているようなら、無理に強要せず、次のセックスに回すようにしましょう。

 

男性側としては、肛門や性器をじっくりとみることができ、また操作しやすいというメリットがあります。

 

 

側位

 

側位は、女性を横向きにし、片足だけを上げさせ挿入する体位です。

 

側位は、上記の3つに比べ、あまりやる人がいない体位なので、女性に意外性を与えることができます。

 

普通の体位とは違い、異なる部位を突くことができる体位でアクセントとして利用すると良いです。

 

 

 

以上の4つが主なセックス時の体位で、他のセックスの体位はこの4つの派生です。

 

正常位、騎乗位、後背位、側位を、立った状態でやったり、女性の足の開き方を変えたり、腰のそらせ方を変えたりすることで、色々な体位にすることができます。

 

セックスの体位で気を付けて欲しいのは、体位を頻繁に変えない、ということです。

 

体位をころころ変えると、女性はその体位に慣れる前に次の体位になってしまい、リラックスすることができません。

 

男性の心理としては、色々と体位を変えて楽しみたいでしょうが、女性心理としては、じっくり楽しみたいのです。

 

女性の反応を見つつ、適度にそれぞれの体位で時間をとってから、次のセックスの体位に移るようにしてください。

 

あと、セックス中に、体位変換をする時には、ペニスが抜けないように気を付けながら行うようにしてください。

 

セックスで挿入中に抜けてしまうと、女性が冷めてしまう原因になってしまいます。

 

というより、途中で抜くメリットが思いつきません。基本的ですが、重要なセックステクニックと言えます。

 

 

同一女性との序盤のセックスでは、正常位などのオーソドックスな体位でセックスした方が、次回以降もセックスに誘導しやすいです。

 

序盤のセックスで、あまりに変わった体位でセックスすると、体目的の男だと思われたり、変態だと思われたりしてしまい、女性がセックスに対して消極的になりやすいです。

 

特に、真面目系の女性はこうなりやすいです。

 

これは、セックステクニック全体においても言えることです。

 

アクロバティックな体位や変態的な体位には、ある程度セックスの回数を重ねてから挑戦するようにしてください。

 

ただし、セックス慣れしていそうな女性に対しては、普通の体位はやりつくしていたり、

 

セックスが下手な男だと思われたりしてしまうので、初めからアクロバティックな体位や変態的な体位をしても良いです。

 

後は、女性が疲れる体位は、気持ち良さが半減してしまうので、適切にまくらなどをベッドと女性に体の間には挟んで、女性が疲れないように配慮してあげてください。

セックステクニック セックスの禁止事項

ここでは、セックスのやり方における禁止事項について解説していきます。

 

AVやエロ漫画などで間違ったセックスのやり方・セックステクニックを覚えてしまっている人も多いかと思います。

 

当たり前すぎることなのですが、AVやエロ漫画で行われているセックステクニックをそのまま真似してはいけません。

 

AVやエロ漫画でのセックスのやり方は、男性の性的欲求を満たすために作られたもので、女性がされて気持ち良いセックスではありません。

 

顔射や精飲を好む女性は滅多にいませんし、激しいピストン運動を好む女性も滅多にいません。

 

また、アナルセックスやフェラチオ、アクロバットな体位などの変わった方法でのセックスを好む女性も滅多にいません。

 

他にも、いきなり大人のおもちゃを使ったセックスなどをしてはいけません。

 

初めての彼女とのセックスでは、無難なセックスを心掛けてください。

 

これらの行為を初めのうちにやってしまうと、意識的・無意識的に女性から不快に思われ、継続的なセックスができなくなります。

 

 

 

また、セックスの際に、激しい愛撫方法は絶対にやめましょう。

 

AVなどでは、激しいセックスのやり方がなされているので、その方が感じる、と思い込んでいる男性がけっこういるようです。

 

激しく手マンをしたり、激しいピストン運動をしたり、クリトリスを激しくこすり上げたり、など、激しい愛撫方法は絶対にやめてください。

 

そのような激しい愛撫方法では、女性は感じることはありません。

 

痛いだけです

 

女性は痛がっていても痛いと言ってはくれません。男性に気を使って、我慢する女性が多いのです。

 

あなたのセックステクニックで女性が本当に気持ち良くなっているのかどうかを、正確に判断するようにしましょう。

 

基本的に男性のセックスのやり方は強すぎることが多いので、注意してください。

 

 

 

かなり仲が良くなってからなら、AVやエロ漫画で行われているような方法でセックスをやっても良いです。

 

これらの行為で「こんなことまでしてしまったわ・・・・」と女性に思わせることで、心理学的に恋愛愛情が深まることはあり得ますが、

 

初めのうちのセックスで、AVで行われているようなアブノーマルなセックス方法をしてしまうのはおすすめしません。

 

激しい変態的なセックスは、二人の関係がかなり深まってからか、割り切りの場合のみにしましょう。

セックステクニック・セックスのやり方全体の注意点・工夫

セックステクニック全体としての注意点を書いていきます。

 

・まず、適度にしゃべりながらセックスを行うことが大切です。

 

セックス中に女体に夢中になって、無言で体をもて遊び続けることがないようにしてください。

 

まだセックスの経験があまりない男性は特に、無言でセックスをしてしまいがちです。

 

セックスに持ち込むまではしゃべっていたのに、いざセックス開始となると急に無言になるのでは女性は心理的に不安になります。

 

セックスのやり方に気を取られ過ぎず、適度に女性と会話しながらセックスするようにしてください。

 

 

・後戯も大事です。

 

これは有名ですが、男性は射精すると、興奮が一気に冷めますが、女性の興奮は緩やかに上がり、緩やかに下がる傾向があります。

 

ですので、自分が射精したからといって、急に冷めることなく、しばらくは愛撫を続けたり、抱きしめたりしてください。

 

こういうことをすることで、女性からの評価が上がってきますし、体目的と思われにくくなります。

 

 

・さらに、自分がセックスで気持ち良くなっていることが女性に伝わるようにしてください。

 

セックスの最中に、ある程度、言葉で気持ち良くなっていることを伝えたり、息遣いを荒立てたりして興奮していることを伝えることが大切です。

 

女性心理としては、初セックスの時やセックス回数が少ない時は、男性の反応が薄いと、自分の体に興奮していないのではないかと不安になることがあります。

 

ですので、適度にセックスで興奮していることを伝えるようにしてください。

 

 

・またセックスの時には女性が感じているかどうかをしっかりと見極める必要があります。

 

女性は、感じている時と痛がっている時の表情や喘ぎ声が似通っていて、見分けがつきにくいです。

 

それでは、どうやって見分けるかと言うと、自分からの距離で見分けてください。

 

注意深く見ていると、女性が痛がっていたり、不快に感じていたりすると、女性があなたから距離をとろうとしているのが分かると思います。

 

例えば、ピストン中に痛がっていると腰を丸めて自分から距離を取ろうとしているなど、です。

 

セックスに夢中になって、痛がっているサインを見落とさないようにしてください。

 

 

 

・セックスのたびに毎回、積極的に女性が喜ぶ方法を探していく、という姿勢を持つことも大切です。

 

女性によって、セックスで気持ちの良い性感帯・気持ちの良いやり方は異なりますし、時と場合によっても変わってきます。

 

生理などのバイオリズムによっても性感帯は変わりますし、セックスの時の感情によっても、感じるセックスのやり方というのは変わってくるのです。

 

セックステクニックに誰にでも通じる完璧な方法はありません。

 

女性ごとのセックステクニックを磨いていってください。

 

セックスをしている最中に、女性の動きを注意深く観察して、感じている場所ややり方を覚えていくことで、その女性に適した感じるセックス方法が身についていくのです。

 

 

・また、同じ女性に対しても、いくら良いセックステクニックでもそのうち飽きてきます。

 

そのため、女性が感じるセックステクニックであっても、いつも同じ方法ではだめで、時々はいつもと違うセックスのやり方を行ってください。

 

ある程度女性の性感帯がつかめてきたら、基本的にはそこを攻めて、たまに違うところを攻める、というようにしましょう。

 

攻め方をたまには変えてみたり、服を着せたままセックスしたり、言葉責めをしてみたり、変態的なことをしてみたり、というような感じに工夫してください。

 

女性に目隠しをさせてセックスしてみたり、部屋の電気をつけてやってみたりするのもいいです。

 

工夫をたまにこらせば、マンネリ化せずにすみます。

 

 

・セックスにおいては「じらす」ことが大切だと言いましたが、マンネリ化を防ぐために、時には「いきなり」というのも大事です。

 

いつもはじらしてくるのに、じらさずにいきなり、ということで女性は興奮します。

 

いつもはシャワーを浴びてからやっているのに、シャワーを浴びる前にいきなり愛撫したり、いきなり挿入したり、といった具合です。

 

これらの行為を時々行うことで、セックスにメリハリがつき、マンネリ化を防ぐことができます。

 

 

以上、セックステクニックについて詳しく解説してきましたが、セックステクニックの上達には、やはり、実際にセックスするしかないです。

セックステクニックの関連事項

ここまで、セックステクニックについて解説してきましたが、セックステクニックに関連する内容として、

 

・セックスしやすい女性の判別法(外見)

 

・セックスしやすい女性の判別法(職業)

 

・クラブナンパ・ストリートナンパ攻略

 

の3つの大きなカテゴリーがあります。

 

 

どれも、セックスしやすい女性をいかに見つけ、どうアプローチするかを解説した記事です。

 

とりあえず多くの女性とセックスしたい、という人は、上記のカテゴリーを参考にして、セックスしやすい女性を探してセックスしましょう。

 

セックステクニックを磨くためには、一人の女性とセックスを繰り返すことも大切ですし、

 

多くの女性とセックスするのもセックステクニックを磨くのに役に立ちます。

 

セックスしやすい女性を見つけ、セックスの回数を増やし、セックステクニックを磨いていってください。

 

 

 

また、童貞の人(素人童貞を含む)は、何らかの形で素人女性とできるだけ早めにセックスした方がよいです。

 

素人童貞の人は、素人童貞である、自分の力でセックスまで行ったことがない、ということが心理的な負い目になって、女性とのコミュニケーションに支障をきたすことが多いです。

 

素人女性とのセックス経験があると、意識的にも、無意識的にも、かなりの自信をつけることができます。

 

その結果、女性心理に魅力的に思われる振る舞いを自然にすることができるようになります。

 

恋愛心理学を勉強して理想の女性を落とせるようになるのも大事ですが、セックスしやすい女性を狙ってセックスして、自信をつけるのも大事です。

 

 

「セックスしやすい女性の判別法(外見)」では、女性の外見からのセックスのしやすさの判別法を、

 

「セックスしやすい女性の判別法(職業)」では、女性の職業からのセックスのしやすさの判別法を、

 

「クラブナンパ・ストリートナンパ攻略」では、クラブの特徴やクラブで女性と即(当日セックス)するための方法を、

 

それぞれ詳しく解説しています。

 

 

その他のセックスしやすい女性としては、ネットの出会いサイトなどのネットで出会いを求める女性がいます。

 

実は、ネットで出会いを求めている女性には非常にセックスしやすいという特徴があります。

 

その理由と具体的な方法については、ネットナンパ/出会いネットナンパ/攻略で詳しく解説しているので、そちらをご覧ください。

セックステクニック記事一覧

快感制覇(セックステクニック教材)評価・レビュー

あなたのセックステクニックを磨くための最強の教材、「快感制覇」は、女性と関わっていく上で、必須といってもいいほどのクオリティの教材です。あなたがこの教材をより使いこなせるよう、今回、私が超豪華なオリジナル特典を用意しました。「快感制覇」と私のオリジナル特典があれば、あなたのセックスライフは最高のもの...

≫続きを読む

セックスしやすい女性の判別法(外見)

世の中には、様々な女性がいます。中には、簡単に股を開く非常にセックスしやすい女性もいます。もしあなたができるだけ多くの女とセックスたい、セックスが好きで好きで仕方がない、というのであれば、このような女性を見分けてガンガンセックスすれば良いと思います。すぐにセックスできる女性は、デートの回数を重ねたり...

≫続きを読む

セックスしやすい女性の判別法(職業)

「セックスしやすい女性の判別法(外見)」では、外見からのセックスしやすさの判断法を紹介しましたが、ここでは職業からのセックスのしやすさの判別法を紹介していきます。職業というのは、会話を初めてすぐに訊くことのできることですので、セックスしやすい女性かどうか判断するのに非常に便利な判断基準です。外見から...

≫続きを読む

風俗・ソープの活用法

風俗・ソープに行ったことがある男性はけっこういると思います。そして、事後の何ともいえない虚しさを知っている人も多いと思います。風俗・ソープは、基本的に金の無駄なので、行く必要はありません。金を払って快楽を得ても、後に何も残らないからです。しかし、風俗・ソープには活用法があり、それは女性に慣れるために...

≫続きを読む

キスをしないセックス

女性に対しては、徐々に関係を深めていくのが大切です。これは、セックスについても、同様です。会話で仲良くなって、恋愛話やエロ話をしてから、ボディタッチを行い、セックスする、という流れです。しかし、この流れが例外の女性がいるので、注意が必要です。「キスのハードルが高い」女性がいる、ということを覚えておい...

≫続きを読む



ページの先頭へ



【恋愛心理学と女性心理の極み】は全記事リンクフリーですが、記事の無断転載には厳重に対処致します

トップページに戻る サイト目次 Kのプロフィール 無料メール講座 「恋極」 最短でモテるために